「犯人は宮沢りえ」?日テレ『真犯人フラグ』早くも考察が過熱も、懸念される『あな番』『漂着者』パターン“やりっぱなし悪夢”

拡大画像を見る

 西島秀俊(50)主演のドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)の第1話が10月10日に放送され、衝撃の展開に視聴者の考察が盛り上がっていたが、その一方で、最後に裏切られることを懸念する声もあったようだ。

 同ドラマは、普通の会社員・相良凌介(西島秀俊)が、突然失踪した妻子を取り戻すため、“真犯人”と“世間の目”に戦いを挑むミステリー。19年放送された人気ドラマ『あなたの番です』(同局系)の企画・原案を務めた秋元康氏(63)をはじめ、制作陣が再集結して、2期連続で放送される。

 第1話では、中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する凌介(西島秀俊)は、妻の真帆(宮沢りえ/48)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華/18)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁/10)と団地住まいで、建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた。

 ある雨の日の夜、凌介が帰宅すると家に誰もおらず、携帯に連絡してもつながらない。3人で映画にでも行ったのかと思った凌介は、大学で同じサークルだった日野(迫田孝也/44)がオープンさせたバーへ。同サークル仲間の親友で週刊誌『週刊追求』の編集長・河村(田中哲司/55)と楽しく飲んだが、深夜帰宅すると妻子はまだ帰っていなくて……という展開。

 ドラマのラストは、凌送が荷物を開けると「お探しのものです」と書かれた紙とともに、サッカーのユニフォームを着た子供の冷凍死体が入っているという衝撃的な終わり方で、早くもツイッター上では視聴者が考察を開始。思わせぶりな“真犯人”を匂わせるエピソードから、疑いの声は3組の人物に集中している。

■怪しげな行動を見せる登場人物たち

 まず、真帆のママ友である菱田朋子(桜井ユキ/34)と息子の“キヨ君”こと清明(桑名愛斗/10)で、「篤斗のことを聞いたとき、一瞬、キヨ君の目線が揺らいだのと、ママがにらんでいるように見えたのが気になる。見返すとオープニングで、転んだキヨ君に対して篤斗が“死亡〜”とからかうシーンがあって、これがイジメならば親子の表情に納得かな」などの声が。

 次はITベンチャーの若手起業家・橘一星(佐野勇斗/23)と事件当日、凌介に接触してきた謎の女・本木陽香(生駒里奈/25)だ。これには「駅のホームで生駒ちゃんと凌介のツーショットをスマホで盗撮されている気がするんだけど、このスマホは橘一星が持っているのと同じ?」「次回予告で佐野勇斗が一気に怪しい顔になってる」などの指摘が。

 さらに、妻の真帆と不動産屋の林洋一(深水元基/41)には「奥さん(真帆)がパートの遅番を早番とウソついてた。旦那にウソをついて早く帰る理由を考えた結果、不倫しか思いつかない。すると、気になるのは夫婦の大学の後輩である林で、家族写真に入るときに奥さんが一瞬ためらったのが気になる」などと推理する声もあった。

 しかし、『あな番』のように考察で盛り上がっている一方で、思わせぶりなだけで、実は伏線を散らかしただけど疑う声も。これは、同じ秋元氏の原案である前期放送のドラマ『漂着者』(テレビ朝日系)が、最終回の予告で「ラスト5秒ですべて回収する」と謳ったのに、多くの伏線を放り出して終わったためだろう。

 また、同局は竹内涼真(28)が主演した今年1月期のドラマ『君と世界が終わる日に』で、地上波では結末を迎えず、配信サイト「Hulu」でSeason2を続けて視聴者を困惑させたこともある。『真犯人フラグ』が視聴者が満足する結末を見せてくれるのか、今後が気になるところだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 10/17 20:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます