「一平ちゃん」もクセありすぎ! EXILEとコラボの“レモン味”焼きそばほかチャレンジングな3商品を徹底レビュー!


 「一平ちゃん夜店の焼そば」といえば、「チャルメラ」や「中華三昧」と並ぶ明星食品の看板シリーズのひとつ。1995年に登場してからというもの、「からしマヨネーズ」や「ふりかけ」をカップ焼そばに持ち込んで一般化させた立役者であるだけでなく、クセのある変化球を投げることでもお馴染みです。

 今回は、最近発売された「一平ちゃん夜店の焼そば」のうち、クセのある3品をご紹介します。モダン焼き、レモンサワー、とんこつ味……およそカップ焼そばらしからぬワードが並びます。

たまご2個とフライパンでクッキング!「一平ちゃん夜店のモダン焼き風セット」

 まずは、「一平ちゃん夜店のモダン焼き風セット」200円(税別)。モダン焼きとは、ラーメンなどの麺を焼いてお好み焼きの一部として混ぜたり重ねたりした食べ物のこと。この商品はカップ焼そばの材料を用いて、たまごとフライパンでまるでモダン焼きのような料理を作ることができるセットになっています。

 調理方法はそれほど難しいものではありません。かやくを開けお湯を入れて3分後に湯切りするまではいつもの「一平ちゃん夜店の焼そば」とまったく同じ工程。いつもどおりにここでソースやマヨネーズ、ふりかけをかければ、「モダン焼き味」のカップ焼そばとして食べることも可能です。

 モダン焼き風にするためには、ここでソースなどは入れずに、たまご2個を湯戻しした麺やかやくと混ぜ合わせ、モダン焼き風のタネを作っていきます。

  混ぜたものをフライパンで両面焼いていくと、熱でたまごが固まってなんとなくモダン焼きの形になってきました。フライパンを使うだけで、大したことはしていなくても“料理している感”が出てきますよね! 俄然、料理人としての腕が鳴ります。『ミスター味っ子』や『クッキングパパ』を愛読してきた経験が、ここで生きてくるとは!

 ソースとマヨネーズによる貢献も大きいですが、こう見ると、モダン焼きかはともかくお好み焼きにはきちんと見えます。今回、使用したフライパンが大きすぎたみたいでソースが表面に行き渡らなかったのですが、もうちょっと小さいフライパンで作ったらもっと雰囲気が出たと思います。

 甘濃くて粘度の高いソースと、からしマヨネーズ、さらには削り節や青のり、紅生姜の入ったふりかけによって、かなりお好み焼きらしい味に仕上がっています。この3点セットはおそらく、普通にカップ焼そばとして食べてもおいしいのではないでしょうっか。決して筆者が料理の才能に溢れていたり、キムタクの『グランメゾン東京』をひっそり毎週楽しみに見ていたからでもないと思われます。

 ソース、からしマヨ、ふりかけの味が完璧で、麺もしっかり入っていて、見た目も味ももモダン焼きなのですが、しかし食べてみると、食感がどうにもモダン焼きっぽくありません。

 それもそのはず。粉モンのお好み焼きなのに粉が入っていません。麺の入ったソース味の玉子焼きなのです。だから商品名が「モダン焼き風」なんですね。モダン焼きの主流は麺を生地に重ね焼き、もしくは生地で挟み焼きにするのですが、今回は生地がないので麺が直焼きされてカリカリになったのも、モダン焼き感を損なう部分でした。

 モダン焼きらしくないところもありましたが、アイデアが独創的で、何より作っても食べても楽しかったし、ジャンキーでとてもおいしかったです。

 続いては、ローソン限定で発売された「一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 レモン味」258円(税込)。一面黄色のパッケージが目を引く、レモン味のカップ焼そばです。一見、レモンとカップ焼そばはミスマッチに見えますが、実はエースコックの「焼そばモッチッチ」や「日清焼そばU.F.O.」をはじめとして、レモン風味を効かせたカップ焼そばが出ていたことがあり、それほど特異な組み合わせというわけではありません。

 この商品が特異なのは、ローソン限定商品の「レモンサワースクワッド」というEXILE監修のレモンサワー缶によく合うカップ焼そばとして登場したこと。ただ、「レモン味塩だれ」が特徴のカップ焼そばなので、レモン味のサワーにレモン味のものを合わせるってどうなんですかね。炒飯をおかずに白飯を食べるような不思議な感覚に陥るのは筆者だけでしょうか。

 レモン風味で酸味のある醤油味のソース、ほんのりレモンを効かせたマヨネーズ、そしてレモン風味のふりかけを合わせ、レモン尽くしの味。太めで縮れのついた油揚げ麺は130gの大盛量。ふりかけ以外の具はキャベツのみです。

 レモンが強いので、レモンサワーと一緒に食べても同化してしまいそうですが、徹底的にレモン風味でインパクトのある味になっています。ソースとマヨネーズは、醤油味とマヨの味が強いレモン風味や酸味と合わさって、爽やかな味を作り出していました。

 ふりかけにはレモンパウダーの他にブラックペッパーやネギが入っていますが、このふりかけがひとクセあって、酸っぱいだけでなくかなり甘いんですよね。相当にチャレンジングな味のように感じました。

 麺量が大盛なのもちょっとネック。酸っぱくて甘い醤油味のチャレンジ焼そばを大盛食べるのは食べる側にとってもチャレンジで、後半はだいぶ箸が鈍ってきます。こういう賛否の分かれる味は、少量食べて様子を見るのが無難なように思います。できれば分け合ってリスクを分散したいところ。

 最後に紹介するのは、「一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨とんこつ味」193円(税別)。博多屋台の名物メニュー「焼きラーメン」の味を、一平ちゃん流に再現した商品となっています。

「豚旨」という、いかにもガッツリ系なところに惹かれるものがありますが、ガッツリ系のわりに麺量は普通盛。先ほどのレモン味を大盛にするくらいなら、むしろこっちが大盛ですよね。

 豚骨ベースの醤油味のソースで、豚脂を加えることで「豚旨」な焼きラーメンの味を再現しています。豚脂のまったり風味に加え、鼻に抜けるニンニクや生姜の香りによって、エッジの効いた賑やかな味わいとなっていました。

 焼きラーメンの味に一平ちゃんらしいプレーンマヨネーズを組み合わせることで、焼きラーメンと一平ちゃんが融合。マヨネーズの酸味などの主張がそれほど強くないため、ソースにきちんと馴染んでいました。

 後のせの具として、大量のネギや粒ごま、紅生姜が入っています。それぞれの香ばしい風味によって、焼きラーメン感がさらにアップ。特に、紅生姜の風味が豚骨ラーメンっぽさを増幅させていました。

「一平ちゃん夜店の焼そば」といえば、「マヨビーム」とふりかけが大きな特徴ですから、後のせの具のふりかけっぽさは一平ちゃんらしさを感じさせるものがありました。焼きラーメンらしさと一平ちゃんらしさを両立した商品です。

珍品「一平ちゃん」怒涛の3連波!

 カップ焼そばの珍品と言えば「ペヤング」がすっかりお馴染みですが、チャレンジングな商品の歴史は「一平ちゃん夜店の焼そば」も負けていません。今回ご紹介したモダン焼き風、レモン味、そして正統派な変わり種とんこつ味と、いよいよ「一平ちゃん」も、ペヤングを追撃する体制が整った印象を受けました。今後の展開から目が離せません。

  • 10/17 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます