「食べたいけど面倒!」JA全農あおもりが教える『桃をおいしく食べるコツ』

拡大画像を見る

食欲の秋がやって来ました。

栗、さんま、松茸などなど、秋は美味しいものの宝庫!実は桃も秋がシーズンなのをご存知ですか。

夏から秋にかけて食べ頃の桃ですが、柔らかく繊細な果肉ゆえに、皮を剥くのが大変ですよね。剥いたところからすぐに変色することも…。

「桃の皮を上手に剥いて、おいしく食べたい!」という方は、JA全農あおもり(@jazennoh_aomori)の公式アカウントがTwitterで発信しているこちらの投稿をご覧ください。

桃をおいしく食べるポイントは『食べる2時間前くらいに冷蔵庫に入れて冷やす』ほか、『氷水に15分くらい浸す』こと。

特に氷水に浸すことで、果肉が締まって皮が剥きやすくなるのだとか。冷やし方を変えるだけで、皮まで剥きやすくなるのですね!

氷で冷やされて汗をかいている写真の桃も、とってもおいしそうです。

旬の桃をきれいに剥いて味わいたい方は、JA全農あおもり直伝の冷やし方を試してみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @jazennoh_aomori

関連リンク

  • 10/17 16:13
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます