新発想の巻物カレンダーに2022年版、自由自在に表示期間を変更できるロールカレンダー

拡大画像を見る

 MetaMoJiは10月18日に、新発想の巻物型カレンダー「ロールカレンダー2022」の販売を開始する。あわせて、前年までの「ロールカレンダー」部品を再利用できる「ロールカレンダー2022リフィル(差替え用)」も用意している。価格は、ロールカレンダー2022が3600円、ロールカレンダー2022リフィル(差替え用)が3000円。

 ロールカレンダーは、市販のホワイトボードマーカーを使うことで、自由に書いたり消したりすることが可能な巻物型カレンダーで、巻物のように巻いたり伸ばしたりすることができる。表示期間は約1カ月間~6カ月間の範囲で自由に変えられる。
 過去の月にも簡単に戻せるほか、月が替わるごとに途切れることなく、連続した日付としてスケジュールを確認できる。
 サイズは幅50×高さ60~180×奥行き4cmで、重さは約530g。

関連リンク

  • 10/17 16:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます