宮迫博之は「雨上がり決死隊解散の予兆」!?フワちゃん「10回連続」バイきんぐ小峠英二「不適切行為」…バイト「即クビ」芸能人!

拡大画像を見る

 元雨上がり決死隊の宮迫博之(51)が10月13日、自身のYouTubeチャンネルに『【自宅飲み】透明な氷で最高のハイボールを作ってみた【Yotoさんコラボ】』と題した動画を投稿した。

 今回、宮迫は、日本とスペインでバーテンダーをしていた経験を持つYouTuber・Yotoとコラボし、こだわりのハイボールを作ってもらうという企画に挑んだが、その序盤、デビュー当時の宮迫の“バイト経験”が語られた。

「バーテンダーとして活躍していたYotoに感化されたのか、宮迫は“実は僕もデビュー当時くらいバーテンやってたんですよ”とし、“クビになったんですけども……”と言います。

 宮迫は、休憩中に喫煙したところ、煙が目に入りしかめっ面になったところをオーナーに見られてしまい、“なんちゅう顔で接客してんねん!”と怒られ、すぐ謝らず“タバコの煙が目に入っただけですやん!”と反抗。結局、“態度が悪すぎる”との理由で解雇されてしまったそうです」(芸能記者)

 なんとも運が悪かったといえそうだが、

「オーナーにぶつかっていく宮迫さんの姿が想像できますよね(笑)。宮迫さんは後々、闇営業問題発覚の際に嘘をついてしまい、それが雨上がり決死隊の解散につながっていくのですが、バーテンダーをクビになった話はその予兆といったら言い過ぎなのでしょうが、度々話に上がっていた若手の頃の強烈な尖りがモロに出てしまったエピソードなんでしょうね」(お笑いプロ関係者)

■笑顔のいびつさが原因でクレーム

 宮迫も反抗をしてしまったとはいえ、元はといえばオーナーの勘違いがクビの原因。宮迫と同じように勘違いからバイトをクビになってしまった芸人が他にもいる。

「2019年4月放送の『中居くん決めて!』(TBS系)に出演した三四郎の小宮浩信(38)は、25歳の頃、焼肉屋でアルバイトをしていたものの、“午前中でもうクビになりましたね”と明かし、周囲を驚かせていました。その理由というのが、注文を受けて“喜んで”と客に返事をしたけど、小宮の笑顔がいびつで“『喜んで』が喜んでない”とクレームを入れられてしまったためだといいます。

 小宮は、居酒屋で接客のバイトをしていたときも、“目つきが悪い男がいる”とのクレームを入れられ、それを改善しようと目を見開いて仕事をしたところ、今度は“様子がおかしい男がいる”と苦情が入ってしまって困ったこともあるそうです。何度も見た目へのクレームを入れられるとは、いくらなんでも小宮が可哀相な話ですよね」(前出の芸能記者)

 10月4日から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のレギュラーに加わるなど、大活躍中のYouTuber芸人のフワちゃん(27)は、下積み時代のバイトでクビにされることに、慣れっこになっていたようだ。

「2020年5月の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に出演したフワちゃんは、芸人を目指しながらバイトを続けたものの、10回連続バイトをクビになった経験もあるといいいます。

 クビになった原因は、同じ仕事を10分も続けられずに逃げ出したり、フレンドリーな接客をはき違えてタメ口で接客したり、商品をつまみ食いするなど理由もさまざまで、酷いバイト生活を送っていたそうです。

 ただ、最後にバイトした洋食レストランの店長は、遅刻につまみ食い、タメ口など過去と似たようなミスを続けるフワちゃんをクビにはせず根気よく雇い続け、“独特の個性を前面に出すべき”とのアドバイスをフワちゃんに与えて、それがYouTubeでの大ブレイクのきっかけにつながったそうです。

 フワちゃんのバイト生活はダメなものだったようですが、バイト時代がなければ現在の芸風も確立されていなかったかもしれませんし、彼女にとっては大切な思い出になっているのでしょうね」(前同)

■パンク精神がバイトにも出てしまった!?

 数多くのバラエティ番組で活躍中のバイきんぐ・小峠英二(45)は、ブレイクのきっかけとなった2012年の『キングオブコント』の決勝当日の朝までバイトをしていたという。

 長いバイト生活の中で、小峠もやはりクビも経験していた。

「2018年11月12日付のオウンドメディア『マイナビバイトTIMES』で、小峠は、高校生のときにやったカラオケボックスのバイトですぐにクビになったと語っています。“厨房で勝手にクリームソーダを作ってたのがバレて、すぐにクビになりました”とのことでした。ほかにもコンビニでのバイトでも、レジで助けを呼ぼうとボタンを押して“大音量で変な音が鳴って大騒ぎになった”といい、わずか2時間で辞めてしまったそうです。

 小峠は中高生時代にパンクロックに傾倒して、“アンダー・ザ・チェーンドッグ”というバンドで“小峠ナターシャ”と名乗ってボーカルを担当していたこともあります。今では考えられないほど高校時代の小峠は尖っていたでしょうし、カラオケボックスでの暴挙だけでなく、ほかにも数々のやらかしがあるかもしれませんね」(前出の芸能記者)

 そんな小峠も、都内でやっていたルート配送のドライバーは10年続いたという。

「バイトをクビになる経験は、一般的には恥ずかしい話ではあるものの、芸人では貴重なトークのネタになります。今となってはクビになった経験もおいしい話なのかもしれませんね」(前出のお笑いプロ関係者)

 クビになるほどの強烈な個性を持っているからこそ、芸人として成功できたのかもしれない。

関連リンク

  • 10/17 8:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • お笑いプロ関係者って誰だよw 結局、他の人も悪く言おうとすれば、いくらでも悪く言えるはずなのに「可哀想でしたね」って…… 宮迫だけを悪者にする記事の書き方に腹が立つ。 何年これを引っ張るんだろ⁉️

記事の無断転載を禁じます