カリスマJKモデルの林芽亜里が「ポルシェ」を好きな意外なワケ!

 女子中高生にカリスマ的人気を誇るJKモデルが、15歳にして「ポルシェ好き」を告白!? そんな場面に驚きの声が寄せられているようだ。

 10月12日放送の「超無敵クラス」(日本テレビ系)では、前半で「昭和レトロな旅スポット」を特集。10代女子たちがハマっているレトロなスポットを、番組の“調査員”が現地ロケで取材してきたという内容だ。

 番組では19歳の海老野心が「ドライブインにいま10代の若者が集まってきてるんですよ」と説明。その海老野がハンドルを握り、若者の間で聖地と呼ばれている香川県のドライブインを訪れることとなった。

「学科に5回落ちるもこの4月に運転免許を取得した海老野。彼女が運転するレンタカーのジムニーは、海に面した公園で“可愛い白い子”をピックアップしました。その子は現役ニコラモデルの林芽亜里。女子中学生の絶対的カリスマとして、高校に進学した今でも高い中学生人気を誇っています。二人は瀬戸大橋のたもとで落ちあい、ここから海老野の運転で岡山県から香川県に瀬戸内海を渡っていく高速道路のドライブを楽しんでいました」(芸能ライター)


 海老野と林がそれぞれ決めポーズで微笑むシーンには、ゲスト出演のジャングルポケット斉藤慎二も「相当可愛いぞ、この二人」と感心した様子。ドライブの車中では車窓に見える瀬戸大橋の眺めや工場地帯にいちいち「エモい!」と喜ぶなど、視聴者をほっこりさせていたに違いないだろう。そんななか、高一の林から意外な言葉が出てきたのである。

「ドライブ中に海老野が『好きな車とかあります?』と質問すると、林は『ポルシェ』と答えたではないですか。15歳にしてポルシェ好きとは、さては良からぬお金持ちが周りにいるのかと心配した視聴者もいたはず。ところが彼女の口からは『言葉の響きが良くて』という意外なセリフが。海老野も『たしかに!』と納得した様子で、あくまで音のイメージだけでポルシェを選んだというなんとも意外な理由を見せていました。二人は一緒に『私の好きな車、ポルシェ』とドヤ顔で言い切っては『わかるわ~』と大笑い。そんなドライブ中の一幕は、微笑ましさにあふれていましたね」(前出・芸能ライター)

 かのフェルディナント・ポルシェ氏も、没後70年目にして女子高生から自分の名前を「言葉の響きがいい」と評されるとは、思いもよらなかったのではないだろうか。

※トップ画像は林芽亜里公式インスタグラム(@meari__hayashi)より。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/17 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます