100年の恋も冷める?絶対に【やめた方がいい】女性の言葉って?

拡大画像を見る


大好きな彼女だったのに、彼女の豹変ともとれる態度を見るとそれだけで幻滅してしまい、付き合いが終わることも少なくありません。そうならないためにも、必要なことはたくさんあります。相手に嫌われないためには、言葉遣いがとても大切なのです。


言葉遣いを考える

言葉遣いはきちんとなっていますか?わざわざ丁寧語を並べる必要はもちろんありませんが、あまり変な日本語ばかりでは彼も呆れてしまいます。
言葉遣いを考えることによって、もちろん相手からの好感度が変わります。冷めるつもりがなくても、彼女の言葉遣い一つが許せず別れたというケースは少なくないのです。


下品な言葉

下品と思われる言葉に思わず苛立ちが隠せなくなるようです。相手が女性というのもありますが、彼女だからこそ尚更その言葉に敏感になってしまうという男性もいます。
下品な言葉遣いをするつもりはなかったと思っても、相手にそう思われてしまっては弁解のしようがないのです。


傷つける言葉

相手を傷つける言葉を知らずに言っていませんか?実は、自分自身ではそんなつもりはなくても相手はその言葉一つで傷つき、別れに至るケースはゼロではないのです。
もっと相手と近い関係になってください。一度口にしてしまった言葉を撤回するのはとても難しいことなのです。伝えてしまってからそういうつもりではなかったと彼に伝えても意味がありません。


言われたくない言葉

誰しもが、好きな相手だからこそ言われたくないと思う言葉が存在します。知らずにその言葉を発してしまえば、それだけで彼にとっても彼女にとっても付き合いが終了となるのです。
なかなか難しいことではありますが、付き合っている相手のことならば、そうわからないことではないはずです。思いっきり笑って楽しい付き合いになるためにも言葉は重要なのです。


まとめ

相手がどんな性格か、あるいは何を考えているか付き合いをしていると少しずつであればわかってくる部分があるはずです。自分が自分らしくいることは大事ですが、彼に嫌われてしまっては意味がありません。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/17 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます