TBS日曜劇場『日本沈没』好調の小栗旬、怪物ドラマ『半沢直樹』堺雅人も届かない!過去最高「異常な視聴率俳優」SMAP木村拓哉“驚異の実績”

拡大画像を見る

 現在のテレビドラマで、最も数字がとれる枠といっても過言ではない日曜21時からのTBS『日曜劇場』枠。

 この枠で10月10日にスタートした小栗旬(38)主演ドラマ『日本沈没―希望のひと―』の初回世帯平均視聴率も、15.8%と日曜劇場の看板に恥じない好スタートを切った。

「日曜劇場といえば、近年では13年に平均世帯視聴率28.7%、最高視聴率42.2%を記録した堺雅人(48)主演の『半沢直樹』で、一躍知名度を上げた枠ですよね。昨年に第2シーズンも24.7%を記録し、今年も阿部寛(57)主演の『ドラゴン桜』は16.4%、鈴木亮平(38)の『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は13.6%と絶好調です。

 1956年から続く歴史あるドラマの放送枠ですが、過去の記録をさかのぼると、意外な数字と人物が浮かび上がるんです」(民放関係者)

 1993年4月以降の「日曜劇場枠」の連続ドラマ平均視聴率のトップ5を見ると、『半沢直樹』の2013年版が3位、2020年版が4位を記録。さすがというべきだが、残る1位、2位、5位は、なんと、すべてSMAP・木村拓哉(48)の主演ドラマとなっているのだ。

「5位が、07年放送の政治や財閥をめぐる重厚なドラマ『華麗なる一族』で24.4%。3位が03年放送の旅客機パイロットを演じた『GOOD LUCK!!』で30.6%、そして1位が、難病の女性との恋愛を描いた00年のドラマ『ビューティフルライフ』で、平均視聴率32.3%。

 いずれも当時圧倒的な人気で、特に『GOODLUCK』と『ビューティフルライフ』は視聴率以外にも多くの社会現象を巻き起こしたことでも知られています」(前同)

■「バリアフリー」を世に広めた実績もある

『GOODLUCK』は、全日本空輸株式会社(ANA)が全面的に協力し、エキストラにANA社員がいたり、ドラマ内の随所にANAのロゴやカラーが登場。

“キムタク”以外にも堤真一(57)演じる「サイボーグ」のあだ名で呼ばれる厳しい機長や、黒木瞳(61)演じるキャビンアテンダントなどなど、魅力的な登場人物による社会人ドラマとしての側面も色濃く描写された結果、現実でも航空業界への就職希望者が急増し、ANAの株価も上昇した。

「『ビューティフルライフ』は、いまや一般常識である単語“バリアフリー“が社会に広く浸透したきっかけの作品と言われています。木村の相手役は、難病で10年以上車椅子で生活している図書館司書役の常盤貴子(49)でした。

 序盤で、木村演じるカリスマ美容師が“バリアフリ-って何?”という発言を当然の疑問のように質問したり、“車椅子のせいでタクシーやレストランが利用できないのは当たり前”という雰囲気の描写があったり、当時の社会情勢が伝わってきます。

 ちなみに、この時期は98年に乙武洋匡(45)氏が上梓した『五体不満足』がベストセラーとなって理解が進んだり、2000年には交通バリアフリー法(のちの『バリアフリー新法』)が制定されたり、身体障がい者に対する社会福祉の充実化が促進し始めた時期でもありました。『GOOD LUCK』と同じく、木村が演じた美容師に憧れる人も増えたそうですよ」(福祉関係者)

『ビューティフルライフ』は最終回の視聴率が41.3%を記録しているが、平成の民放連続ドラマの視聴率が40%を超えたのも今作が初だった。「視聴率男」の異名を誇るキムタクの名前は、伊達ではない、ということか。

■有吉がボツにしたあだ名が実は大正解だった

「“キムタクのドラマ”といえば、多くの人が想像するのは、バックハグが“あすなろ抱き”と呼ばれるきっかけとなった93年の『あすなろ白書』や、“マンション3階から落としたスーパーボールをキャッチ”で有名な96年の『ロングバケーション』、01年の司法ドラマで映画化もされた『HERO』などなど、フジテレビの月9ドラマを思い浮かべます。

 平均視聴率の点で言うと『HERO』は34.3%で、TBSドラマを超えていますからね。月9ドラマの象徴のような存在で、有吉弘行(47)にも“月9バカ”と呼ばれましたからね(笑)」(女性誌記者)

 2010年9月13日に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した際に、有吉は木村含むSMAP全員にあだ名をつけた。この際、有吉は木村を「月9バカ」と命名している。

「『スマスマ』ではこのあだ名に激怒した木村に蹴り飛ばされた有吉が開き直って“なんで間違えたかな。ドラマバカだったわ! ドラマバカ! ドラマバカだ! 訂正訂正!”と言い直すコントがありましたが、こうしてTBSでの活躍ぶりを見てみると、“日曜劇場バカ”とも呼べるかもしれません。改めて、有吉の卓抜したセンスが分かりますね(笑)」(前同)

 ちなみに、『スマスマ』で有吉は最初、恐れ多さから木村にはカドが立たない無難なあだ名をつけようとしていたが、そのあだ名は「殿堂入りすぎ」だったという。

『月9』だけではなく、『日曜劇場』でもとんでもない実績を残していた木村。「殿堂入りすぎ」は、実はドンピシャだったのかも?

関連リンク

  • 10/17 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます