市川海老蔵「中国地方あいびき旅」は内部リーク?11年前「灰皿テキーラ」「コンクリ土下座」時代の「傍若無人」が復活気配!?

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が岡山県倉敷と鳥取県米子市で、それぞれ別の女性とのデートを楽しんでいたと10月15日発売の『週刊ポスト』(小学館)が報じた。

 同誌は羽田空港から岡山に向かう飛行機で海老蔵とAさんの姿をキャッチ。記事によると、黒髪ロングヘアのAさんは都内在住の20代前半の女性。東京では会いにくいため、地方公演のたびに当地へ呼ばれているという。

 2人は空港ロビーでも機内でも視線を合わさず、他人を装っていたようだ。しかし、倉敷では高級ステーキ店でデートを楽しみ、翌朝にはAさんが滞在しているホテルで2人の時間を楽しんだという。

 その後、海老蔵は次の公演のため鳥取県米子市へと移動。そこではボブカットが似合う30代女性Bさんが待っていた。2人は同じ旅館の別部屋に宿泊したものの、深夜まで同じ部屋で逢瀬を楽しんでいたという。また、翌日の海老蔵の完全オフ日には2人でサイクリングデートをしていたと記事では伝えている。

「奥さんの小林麻央さん(享年34)が亡くなって4年。ここにきて海老蔵さんの“ヤンチャぶり”が戻ってきたのでは、とささやかれているんです。というのも、『週刊ポスト』の記者は羽田空港から岡山、鳥取と、ずっと海老蔵さんについて取材を行なっている。

 普通に考えれば、記者がたまたま海老蔵さんとAさんを見つけて、中国地方までついていって取材をするというのはありえない。事前に内部関係者からのリークがあったからこそ、とらえることができたスクープだと考えるのが自然です」(ワイドショー関係者)

■“ヤンチャ海老蔵”復活の兆し

 いったい誰が、海老蔵の女性スキャンダルをリークしたというのか――。

「Aさん、Bさんのどちらかという可能性もありますよね。どちらかが“本命”で、相手の女の存在をよく思っていなくてスクープされるようにしたと。また、海老蔵さんの行動、この場合は女遊びですが、これを“よろしくない”と思っている事情を知る人がリークした可能性もあるでしょうね。

 海老蔵さんにヤンチャな遊び方をやめてもらいたいがために、出版社に情報を持ち込んだ――というわけです」(前出のワイドショー関係者)

 2017年6月に麻央さんが亡くなって以降、意気消沈していた海老蔵。9月23日にはインスタグラムに「昨日はママの月命日、いつもお花くださる方いるんです。ありがたい、、涙。」と綴っていた。

 また、2020年10月の『ちちんぷいぷい』(毎日放送)のインタビューコーナーに登場した海老蔵は「全然(昔と)違います。酒も飲まないし、タバコも吸わないし、遊ばないし、あんまり」と語っていた。

「海老蔵さんといえば、かつては相当な遊び人でヤンチャでした。ただ、麻央さんが亡くなったことですっかり毒が抜け、子育てや歌舞伎に邁進するように。それが今回、複数の女性とのデート報道が出たわけです。“昔の市川海老蔵が戻ってきた”と見る関係者もいるようです」(前同)

■「灰皿テキーラ事件」前は理不尽ブチギレ連発

 かつての海老蔵の傍若無人ぶりは凄まじかったという。たしかに、過去には「灰皿テキーラ事件」で世間を騒然させたこともあった。

 2010年12月、海老蔵が顔などを殴られ大ケガを負った。海老蔵は加害者の仲間で元暴走族リーダーの髪を引っ張ったり、頭に酒をかけたほか、仲間たちに灰皿にテキーラを入れて飲ませようとしたという。

 飲食店関係者が話す。

「“灰皿テキーラ事件”の前の海老蔵さんは、本当にイケイケだった。イケイケ過ぎたからこそ起きた事件ですよね。当時はよく、関係者とラウンジバーに飲みに行っていましたが、その関係者というのも、海老蔵さんより年上で、社会的にも地位がありそうな人ばかり。

 にもかかわらず、海老蔵さんは自分のグラスが空いたらタイミングよくお酒を注がないとブチギレて、そのグラスを放り投げていましたからね」

 店員がそれを見て、何度も新しいグラスを持ってきていたという。

「また、明らかに目上そうな関係者がカラオケを歌おうとしても、入っていた曲を消して平気で割り込んでいました。そして当然のように自分では支払いはしない。関係者にお金を払わせていた。

 ようやく帰る段になってもその“悪態”は変わることなく、タクシーに乗り込むと開口一番、“俺んちに帰れ”と言うんです。そして、運転手が海老蔵さん宅を知らなかったらブチギレる。普通、知らないですよね。そういった状態がデフォルトだったといいます」(前同)

■芸能記者の「写真強制消去」からのオラオラ神対応も!?

「灰皿テキーラ事件」は、起こるべくして起こったとも言えそうだ。あの事件、そして麻央さんの死で丸くなったと言われる海老蔵だが、かつてはマスコミ関係者に対しても高圧的だったという。

「ある芸能記者が、都内の高級住宅地に完成したという海老蔵さんと麻央さんの新居の取材に行った際、偶然にも2人に鉢合わせたそうなんです。“これはラッキー”と思い、記者は写真を撮ったそうです。すると海老蔵さんがブチギレ。たしかに突然、写真を撮られたら怒るのも無理はないのですが……」(前出のワイドショー関係者)

 写真を撮られた海老蔵は「撮るなって言っただろ! 言ったのに何で撮るんだよ!?」と声を荒げ、自宅そばのコンクリートでできた場所に記者を正座させ、「ダメって言われたのに何撮ってるんだ? どういうつもりだ、理由を言え!」と凄んだという。

「記者は“すみません”と土下座せんばかりに謝ったといいます。また、海老蔵さんは“俺が写真撮られるのはしょうがないけど、ツーショットはダメだろ”と言い、近くにある実家についても“ダメだからな”と念を押したそうです」

 海老蔵はさらに、「写真見せろ、消すから」とデジカメの写真データを確認しながら消去させたという。

「記者が素直に従ったのは、海老蔵さんがめちゃくちゃ怖くて、抵抗する余地もなかったからだそうです。ただ、海老蔵さんがすごいのはここからで、写真を消去したことを確認すると“じゃあ今から1分やるから聞きたいこと聞け”と取材に応じてくれたそうです。

 結果、3分ほどいろいろと答えてくれて、最後には“良く書いといてよ”と声をかけてくれた。記者も仕事で来ている、手ぶらで帰らせるわけにはいかないという海老蔵さんなりの計らいでしょう。オラオラですが、やはりスターとしての振る舞いがわかっている人ですよね。でも、やはり、めちゃくちゃ怖かったという話ですね……」(前同)

■所属事務所が異例の謝罪コメント

 かつては傍若無人ぶりで悪評も多々あった海老蔵だが、ここ最近はそのような素振りは見せてこなかった。

 しかし、今回、倉敷・米子での2人の女性との逢瀬が報じられてしまった。所属事務所は『週刊ポスト』の問い合わせに対し、「この度は本人の行動にご指摘、ご心配をいただきまして申し訳ございませんでした」と謝罪し、「事務所といたしましては海老蔵が今後も舞台に精進出来るよう環境を整えてまいります」と異例とも言えるコメントを出している。

 前出のワイドショー関係者が話す。

「事務所のコメントからもうかがえますが、かなり恐縮気味に謝っていますよね。事務所としても海老蔵さんに反省を促していることは明らかです。やはり、内部関係者の中に今のような女遊びをやめてほしいと考えている人がいるのではないかと。一方でそれは、ヤンチャな海老蔵さんが復活しつつあるとも考えられますよね」

 十三代目市川團十郎白猿襲名を前にして、かつてのオラオラの海老蔵が出てきているのだろうか――。

関連リンク

  • 10/17 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます