格安で楽しめる!秋のレジャーに最適「混浴温泉全国MAP」

拡大画像を見る

 レジャー解禁の秋、例年以上に熱気を帯びているのが混浴温泉&サウナだ。日本独自の文化である混浴が、なぜ盛り上がっているのか? その理由を解明しつつ、オススメ施設を紹介!

*    *

 混浴温泉は、肌をさらして見知らぬ男女が行き交う、いわば“大人の社交場”だといえる。

「もちろんセクハラ行為はご法度ですが、男女が裸になって楽しめるのが醍醐味。どうしても男性率が高い傾向はありますが、現在の混浴は盛り上がっており、女性客が増加しているようです」(温泉ライター)

 その理由は何か。「コロナ禍でまだ海外旅行は難しい。そのため、アクティブな女性たちが国内で開放的に遊びたいと考えるのは自然な流れです。混浴温泉は、そのニーズに合っています。また、外出自粛期間が長引いた反動から、これまで混浴への抵抗があった層も、大胆になっている傾向があります」(前同)

 さらに、“サウナ女子”も増えているという。

「手頃なストレスの発散手段として、女性のサウナ好きが急増中。結果的に、混浴サウナの熱気もすごいことになっています」(同)

 言い方を変えれば、女性が増えてこそ、混浴の健全な姿だと言えるのだ。しかも、温泉やサウナは安価で楽しめる場所が全国各地に多数あり、若年層が多く集まるという特徴もある。そんな背景を踏まえ、男も女も楽しめる極楽の混浴温泉&サウナをピックアップしたい。

 まず名前を挙げたいのが乳頭温泉郷・鶴の湯温泉(秋田県仙北市)である。秋田藩の殿様の湯治場であり、秘湯感も抜群。1泊8000円代というコスパの良さも魅力で、混浴人気を先導する存在だ。

『週刊大衆』連載『しずかな贅沢湯の宿』でもおなじみ、日本屈指の混浴事情通・大黒敬太氏は、こう語る。

「鶴の湯には4つの泉質がありますが、乳白色の湯である『白湯』が混浴露天風呂です。あそこはバスタオル着用もダメなので、初めて行った女性は、みんなビックリするようです」

 混浴経験の浅い乙女たちは、恥じらいながら、一糸まとわぬ姿で乳白色の湯に身を沈めるのである。

■広告や雑誌のロケ地として使われる名湯も

「鶴の湯だけではなく、乳頭温泉郷は8割程度が混浴なので、混浴巡りを楽しめます。ただ、今は大変な人気で温泉郷全体の宿泊予約が取りづらい状況かもしれません。とはいっても、それぞれ日帰り入浴(入浴料600円)も可能ですから、どうしても混浴巡りをしたい人は、田沢湖周辺など隣接した観光地に宿を取ればいいと思います」(前同)

 鶴の湯に負けず劣らず、湯治場風情があるのが河内温泉・金谷旅館(静岡県下田市)だ。そこにある『千人風呂』は、広告や雑誌のロケ地として使われることも多く、『週刊大衆』のグラビアにもたびたび登場している。

「なにしろ、大正4年から続く歴史ある総檜風呂で、壁、天井まで木造なので情緒はたっぷり。艶っぽい女性モデルが入浴している場面が、実に絵になるんです」(旅行雑誌記者)

 千人風呂の名称は、奥行約20メートル、幅5メートルというその広さから。自家源泉の湯量も豊富だ。

「男性専用の湯はなくて、混浴の千人風呂と、女性専用の大浴場があるという構造ですが、温泉好きの女性は、やはり千人風呂のほうに入ってきます」(大黒氏)

 10月18日発売の『週刊大衆』11月1日号では全国の「混浴サウナ&温泉」を50か所紹介している。この秋、混浴でコロナ疲れを癒そう!

関連リンク

  • 10/17 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます