結婚する前に気づけ!嫁いびりをしてくる姑の特徴って

拡大画像を見る


結婚すると避けて通れないのが、嫁姑問題です。どんなに彼のことが大好きでも、お母さんと上手く行かないと、それだけで彼との関係までギクシャクしてしまうことも。
今回は、嫁いにりをしてくる姑の4つの特徴をご紹介します!


息子への愛情が強すぎる

姑が嫁いびりをする理由で最も多いのは、息子への愛情が強すぎることや子離れできないことにあります。息子のことを大事に思うのは当然ですが「嫁に大好きな息子を取られた」と思われてしまうと、仲よくなるのは難しいでしょう。そのため、息子に対しての愛情が強すぎる母親には注意が必要だと言えます。


自分のやり方が正しいと思い込んでいる

家事や育児など、自分のやり方が正しいと思い込んでいるのも、嫁いびりをしてくる姑の特徴です。家事も育児も、時代が変わればやり方が違うのは仕方のないこと。いちいち口を出してくるのであれば、結婚後に嫁いびりをしてくる可能性大!何かするたびに、いつも自分の意見を押し付けてくるような姑には注意しましょう。


いつもひと言多い

どんなにいいお母さんでも、いつも「ひと言多いな」と感じる場合は要注意です。意地悪でひと言余計に言うタイプの姑もいますが、悪気なく無意識で言っているタイプもいます。しかし、悪気がないからといって相手を傷つけていい理由にはなりません。そのひと言を許していると、いずれ嫁いびりに発展してしまう場合も。彼のお母さんだからといって、何もかも我慢しなければいけないわけではないのです。


マウントを取りたがる

自慢話が多かったり、何かとマウントを取りたがるタイプも嫁いびりをする姑の特徴のひとつです。「自分の方がすごい」「自分の方ができる」といった発言が多いのは、自分が上に立ちたいという気持ちのあらわれだと言えるでしょう。


嫁姑問題は、結婚する女性が誰でも通る道です。同居しなければさほど気にする必要はありませんが、上手く付き合っていくためには程よい距離を保つことが大事なポイントになります。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/17 7:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます