【本日の注目ポイント】阪神で牝馬三冠の最終戦・秋華賞

拡大画像を見る

 10/17(日)は東京・阪神・新潟の3場開催。天気は東京と新潟が雨のち曇り、阪神が雨のち晴れの予報となっている。

■牝馬三冠の最終戦・秋華賞
 阪神11Rは芝2000mの秋華賞(GI)。創設後初めて阪神で行われる牝馬三冠の最終戦で、桜花賞との二冠制覇を目指すソダシ、オークス馬ユーバーレーベン、トライアルを制したファインルージュ、アンドヴァラナウトなどが激突する。

■東京HJでオジュウチョウサン復帰
 東京9Rは障害3110mの東京ハイジャンプ(JGII)。中山グランドジャンプ(5着)後に骨折が判明し休養していたオジュウチョウサンが、半年ぶりに復帰する。同レースは16・17年に連覇した実績がある。他に、小倉サマージャンプで3連勝を飾ったアサクサゲンキなども出走。

■東京11R・オクトーバーSにシルヴァーソニックなど
 東京11Rは芝2000mのオクトーバーS(L)。4か月ぶりで昇級初戦となるシルヴァーソニック、府中牝馬Sにも登録があったクラヴァシュドール、中山金杯・2着以来となるココロノトウダイなど。

■ハンデのリステッド・信越S
 新潟11Rは芝1400mの信越S(L)。芝は3走目となるダート実績馬デュープロセスが57kgのトップハンデ。他には、3連勝中のキルロードが56.5kg、ターコイズSなど重賞2勝のスマイルカナは55kgで出走。

■もみじSでモンゴリアンキングの連勝なるか
 阪神9Rは芝1400mの2歳オープン・もみじS。6頭立ての少頭数だが、札幌で新馬戦を快勝したキングマン産駒モンゴリアンキングが人気を集めそう。デビュー2連勝を飾って重賞戦線に進むことができるか。鞍上は池添謙一騎手。

■東京5Rの新馬戦にキャンディドライヴなど
 東京5Rは芝1400mの新馬戦。米国産馬キャンディドライヴは木幡育也騎手、ミッキーアイル産駒牝馬ガーデンアイルは横山武史騎手、ブラジルGIの勝ち馬を母に持つ米国産馬ウォーカーテソーロは永野猛蔵騎手とのコンビでデビュー。

■阪神5Rの新馬戦にテルツェット半弟など注目馬多数
 阪神5Rは芝1600mの新馬戦。テルツェットの半弟にあたるオルフェーヴル産駒サトノドルチェ、桜花賞馬ジュエラーの半妹ゴーハッピーゴー、サトノインプレッサの半弟クロステック、ファッショニスタの半弟スピリットワールドなど注目馬が多数集まった。

■新潟5Rの新馬戦にアルドゥエンナなど
 新潟5Rは芝1200mの新馬戦。オーソリティの半妹にあたるスクリーンヒーロー産駒アルドゥエンナ、今年の京都ハイジャンプを勝ったマーニの半妹ネレイド、ゴドルフィンの愛国産馬バーニーフォールズなどがデビューする。

■新潟9Rでルーツドールが復帰
 新潟9Rで行われる芝1800mの3歳以上1勝クラスで、フィエールマンの半妹ルーツドールが約1年ぶりの復帰戦を迎える。昨年のシンザン記念では1番人気に支持されていた期待馬。西村淳也騎手との初コンビでどのような走りを見せるか。

■地方では2重賞
 盛岡競馬場では18時15分に2歳重賞・知床賞が行われ、移籍後連勝中の牝馬チェリースイスなどが出走。帯広競馬場では20時10分に2歳重賞・ナナカマド賞が行われ、デビュー9戦7勝のキングフェスタなどが出走する。

関連リンク

  • 10/17 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます