不用品を伝統工芸の力で再生!「再生工芸展 -New Trashditioal Art-」開催


企画とデザインを手掛ける「オクノテ」と、加飾紙製造販売を行う「湯島アート」が、「DESIGNART TOKYO 2021」期間中の10月22日(金)~31日(日)に、日比谷オクロジにて「再生工芸展 -New Trashditioal Art-」を開催する。

不用品を伝統工芸の力で再生


「オクノテ」は、「湯島アート」の加飾紙職人・一色清氏とともに、端材や廃材、不用品を活用したプロダクトやアート作品を制作。“サステナビリティ(持続可能性)”が求められる現代において、「一点もの」を作り出す伝統工芸の力に着目し、使われなくなったものをもう一度暮らしのなかに蘇らせることを目的としている。


伝統工芸の世界もまた、人材難や需要減で持続可能性が危ぶまれているなか、ものを作るだけでなく、「ものを再生する力」を見出すことで伝統工芸そのものも再生していきたいという願いを込めて、「再生工芸展 -New Trashditioal Art-」が開催されることとなった。

紙の加飾技法を異素材に応用した作品が登場


会場では、紙の加飾技法を異素材に挑戦することをテーマに、使わなくなった食器や、


庭に置いてあった瓦、


アクリルパーテーション、


セラミックの端材などに加飾した作品が登場。他にも、さまざまな素材に応用した作品が多数展示される。

サステナビリティが問われる現代、不用品を伝統工芸の力で再生したアート作品に触れてみては。

■日比谷オクロジ
住所:東京都千代田区内幸町1丁目7-1

画像をもっと見る

  • 10/16 1:00
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます