NHK紅白でSMAP再結成は実現度ゼロ 新しい地図出演の可能性は大!

拡大画像を見る

 2016年12月31日をもって解散したジャニーズ事務所の伝説的アイドルグループ・SMAP。1991年にCDデビューした彼らは今年30周年の節目を迎えたが、そんな中、今年のNHK紅白歌合戦に稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(44)の3名からなる「新しい地図」が出演するのではないかという驚きのニュースが一部で報道された。

※動画は「taishu.jp」で

 この「新しい地図」の紅白出演の噂について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析がなされた。

 座談会では、一部でまことしやかに囁かれている「今年のNHK紅白歌合戦でのSMAP再結成」が絶対に無い理由について、また「新しい地図」のメンバーが歌のコーナーには出演しないであろう理由について、さらにNHKが今年の紅白に期待する「あの番組との関係性」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は芸能リポーターの佐々木博之氏、メディアジャーナリストの浦憲三氏(音声のみで参加)、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/BgqwkpiD5wc

関連リンク

  • 10/16 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます