もうそろ潮時じゃない?実は別れた方がいいカップルの共通点

拡大画像を見る


結婚はカップルのときと違って、好きな気持ちだけでは上手くいかないもの...。今の彼とはこの先も一緒にいていい?そう悩む女性は多いです。
ここでは、どれだけ周りから評判だったとしても実は別れた方がいいカップルの共通点をご紹介します。


なんとなく一緒に居る

最初は好きで付き合ったカップルでも、一緒にいつ時間が長くなるほど「慣れ」は出てくるもの。交際期間が長くなっても、お互いを尊敬し合えて信頼できていれば問題なしですが、好きなのか、慣れなのかわからないままただなんとなく一緒にいる...そんなカップルはさっさと別れた方がいいです。本当に好きな相手と将来を考えた方が幸せになれる可能性は広がります。


一緒にいても会話・笑顔がない

会話がないのは、相手のことをもっと知りたい・自分のことを知ってほしいという気持ちがないから。相手のことが本当に好きなら「今日はなにをしていたんだろう」「今日あったことを聞いてほしい」と思うもの。人間は、人と話すことで幸せを感じ、相手を愛おしく思う生き物。一緒にいても会話や笑顔がないカップルは別れた方が幸せになれるかもしれません。


別れと復縁を繰り返している

たまに、別れと復縁を何回も繰り返しているカップルがいます。別れた後に振り返る思い出は基本的に美化されているもの。しかしそれに気付かず「やっぱり私には彼だけ!」と思い復縁を繰り返すのです。でも、別れるということはなにか合わないことがあったから。一回でもダメになったものは簡単に戻せることはありません。お互い早く断ち切り、次の幸せに向かったほうが良いでしょう。


金銭感覚が全く合わない

カップルのときは割り勘だったり、財布が別なパターンが多いですが、結婚して子どもができたらどうしても家計のお金を貯めなければなりません。しかし、相手が浪費家であればあるだけお金を使ってしまう...そんなことがあれば溜まるわけがありませんよね。これは同棲カップルにも言えること。決めた金額を決まった日に出してきてくれない相手とは、この先も上手くいくことはありあせんよ。
いかがでしたか?どれだけ好きでも、愛情だけで人生を決めるのは時期尚早。人間性をよく見極めることが大切です。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/16 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます