40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?(後編)

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251732/ )

現在保っている(または目指している)その体重は、「健康」で「美しく」いられる体重なのでしょうか?

 

体脂肪は多すぎても少なすぎても美と健康の邪魔をする

多くの女性たちは年齢にかかわらず、太る弊害を感じています。健康上も、美容上も、好ましくないのは事実でしょう。またファッション面ではサイズの問題も大きくなります。しかしやせすぎていても同じ問題が起きます。

 

健康面に目を向けて考えると、太り過ぎていれば生活習慣病へのリスクが増大します。糖尿病や循環器系の疾病のリスクは深刻です。またやせすぎになれば骨粗しょう症も早期発症するリスクが高く、骨折に至るケースが増えます。

 

美容面に目を向けると、太り過ぎはすでにおわかりでしょう。しかしやせすぎにもきつい現実があります。それは骨格のバランスです。やせすぎてもバランスの良い人はごく少数。スーパーモデルであっても、最近ではやせすぎを避けるのはこのためです。

 

美容と健康を正確に判断できる方法

40代女性でも理想のボディはくびれのあるコカ・コーラのボトルです。若々しい体型の決め手、くびれを重視すれば、40代女性も健康的に若々しい美しさをキープできます。

 

体重より、ウェストに注目。身長・体重問わず、ウェスト90㎝以下であればメタボリックシンドロームリスクはより低いとされるのです。美しさを考えるなら、体重計の数字よりも「90㎝以下、できるだけ低い数値のウェストサイズ」を目指すべき。きれいなくびれは健康と美しさを約束します。

(参考・厚生労働省  e-ヘルスネット 「なぜ男性85cm、女性90cmなの?」)

 

最近はヒップコンシャスなボディが注目です。美しいヒップもウェストのくびれなしでは成立しません。体重は目安であり、健康と美しさを数値で簡単に教えてくれるのはウェストサイズです。引き締まったウェストを目安にするダイエットに切り替えましょう。

 

関連リンク

  • 10/16 9:31
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます