“料理好き”内田&今湊アナ、谷岡アナのこだわりに衝撃「レベルが違う」【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】

【モデルプレス=2021/10/16】「フジテレビ×モデルプレス」アナウンサー連載第2弾『“素”っぴんトーク』―――― Vol.11~12は谷岡慎一(たにおかしんいち・34)、内田嶺衣奈(うちだれいな・31)、今湊敬樹(いまみなとけいじゅ・25)の「食欲の秋!料理好きなアナウンサーたち」でトーク。

◆フジテレビアナの素顔に迫る「“素”っぴんトーク」

テレビには映らないフジテレビ女性アナの知られざる素顔に迫った連載第1弾「女子アナの“素”っぴん」に続く本連載では、男性アナも交えた鼎談形式にパワーアップ。共通点を持ったメンバー同士が集まり、仲間だからこそ知る“素”の一面を引き出していく。

第6回は食欲の秋にちなみ、2010年入社の谷岡アナ・2013年入社の内田アナ・2018年入社の今湊アナの「料理好きなアナウンサー」が集結。それぞれが料理にハマったきっかけやこだわり、イチオシの調理器具&食材まで、ディープなトークで存分に盛り上がった。

◆内田アナ、食育アドバイザー資格取得

― “素”っぴんトーク第6弾は、食欲の秋ということで料理好きの皆さんに集まっていただきました。まずは内田アナ、ご結婚おめでとうございます!(9月23日に同局社員との結婚を発表)

一同:おめでとうございます。

内田:ありがとうございます!

― 料理好きということもあり、旦那様の食事管理もされていらっしゃるんですか?

内田:はい。お互い不規則な仕事なので「なるべくおうちで食べるご飯は栄養バランスの取れているものを作りたいな」という意識を持っています。

― 食育アドバイザーの資格も取得されたそうですね。

内田:そうなんです。コロナ禍で何か勉強したいなと思い、せっかくだから形に残って日常生活に生かせるものがいいなと思って。食のニュースを扱う機会も多いので役立ちそうですし、美味しい食材の見分け方なども学べて普段スーパーに行く時にも役に立つかなと思い、取得しました。

― そもそも料理を始めたきっかけは?

内田:始めたのは本当にここ数年です。何がきっかけだったかはあまり覚えていないのですが、周りの料理好きの人たちから情報を聞くうちに、自分でやりだしたら楽しくなりました。コロナ禍でおうち時間が増えて、料理をする時間もさらに増えました。

◆谷岡アナ「朝7時にパンの匂いで目覚めます」

― 谷岡アナも、奥様に料理を振る舞われることもあるそうですね。

谷岡:はい!家では、僕が料理担当なんです。だからキッチンも僕仕様になっていますし、どんな調理器具や食材を買っても怒られません(笑)。

内田:ぜひおすすめのキッチン用品を教えてほしいです!

谷岡:今はホームベーカリー一択ですね。もう最高です!タイマーをセットしておいて、朝7時にパンの匂いで目覚めます。

今湊:いい朝ですね!

谷岡:そうでしょ!本当に何でもできるんだよ。ピザ生地やパスタもこねられるし、食パンも作ってくれる。もう可能性しかない(笑)!

内田:1人レベルが違いますね(笑)。

今湊:パンまで焼いちゃっていますもんね(笑)!

谷岡:もともと、うちの実家がパンは買わずに焼く派だったんです。パンの焼き方は両親が代々教わっていたのか、小さい頃からホームベーカリーがあったので、僕も抵抗なく導入できたんですよね。

― 小さい頃から料理されていたんですか?

谷岡:ずっと好きでした。大学生の時に居酒屋のキッチンでアルバイトをして、そこからもっと面白いなと思い始めました。

― 今湊さんはいつから料理を始められたんですか?

今湊:パンを焼く谷岡さんと食育アドバイザーの内田さんとは、ちょっとレベルが違うことに気付いたんですけど…(笑)。ここ半年くらい、コロナ禍ということもあって本格的に自炊を始めました。

― 今日は谷岡アナと内田アナから学ぶこともいっぱいありそうですね。

今湊:そうですね。追いつくにはステップが100段くらいありますが、色々と教えていただきたいと思います(笑)!

◆内田アナ&今湊アナのおすすめ食材

― 先程ホームベーカリーのお話もありましたが、紹介したい食材や調理グッズはありますか?

内田:私は酒粕です。お味噌汁に入れたりするのですが、健康にも良いんです。今は板で売っているので、それを少しちぎって入れて溶かして。ちょっと入れるだけで味がぐっと変わって美味しいですよ!

谷岡:確かに酒粕はよく聞くよね。お味噌汁以外にも使えるの?

内田:あとは鮭の煮込みで一緒に入れたり、肉料理などにも合うと思います。冷蔵庫にストックしておくと結構便利です。

谷岡:それはいいかも!今湊のおすすめは?

今湊:……塩麹!それくらいしか思い浮かばないです(笑)。漬け物にも、お肉やお魚の下味にも使います。

谷岡:今パックで売っているし、使いやすいよね!僕は今もうホームベーカリーで頭がいっぱい(笑)。

― 色々な調理器具を揃えていらっしゃるんですか?

谷岡:はい。真空する調理器具などはさすがに持っていないですが、普通のご家庭にあるものだったら全部あると思います。チーズを削るグレーターもあります(笑)。

内田・今湊:え~!すごい!

谷岡:凝り性なので、一度欲しいと思うと買ってしまうんです。パスタを作るなら麺から、ラーメンを作るなら鶏ガラスープから作りたくなっちゃう。

今湊:パスタを一からって、何から作るんですか?

谷岡:小麦粉とセモリナ粉で麺、ニンニク・玉ねぎ・トマトでトマトソース、ひき肉で肉団子と、全部作ります!麺は時間がある時にまとめて作って冷凍庫に入れておくので、生パスタがすぐ食べられる状態になっています。トマトソースも常備してあるので、あとは肉団子を作るくらいでそんなに時間はかからないです。

◆多彩なレシピはどこからゲットする?

― 皆さん、レシピはどこから得ているんですか?

内田:私はSNSで、色々な料理専門家の方の投稿を見ています。レシピを載せてくださっている方も多いので、その中から気になったものを再現したり、分量が書かれていないものでも材料を見て自分の好みで作ったりしています。

今湊:僕は料理研究家の動画を見ますね。すごく簡単な材料で作っていて、何回も巻き戻しながら確認しています。

内田:やっぱり動画で見られるっていいよね。分量がどれくらいなのかとか、動画の方がわかりやすい。

谷岡:僕は「ノンストップ!」を担当しているので、笠原(将弘)さんのコーナーはよく見ています。今なら冬瓜や秋刀魚など、その時の旬の食材を使って2種類ほど作ってくれるので、見ていると自分も試したくなってしまいます。

今湊:番組ではその場で食べることもできるんですか?

谷岡:このご時世でなくなってしまったけど、前はバックヤードでいただくこともありました。最高に美味しくて「やはりプロが作ると違うな」と感じました。

内田:私もBSで「リモートシェフ」というお料理番組を10月から担当することになりました。プロのシェフの方がリモートで、制限時間30分という限られた時間の中で芸能人の方にレシピを伝授するので、料理初心者の方でも一緒に真似して作ることができるのですが、私もそこで教わったレシピや自分が知らなかったワザを自宅で試しています。普通にかき混ぜてしまうところを、ボウル自体を揺らして緩めに混ぜるのを知った時は「そんなワザがあったのか!」と驚きました。

◆今湊アナ、“揚げ物”挑戦に意欲

― すでに色々なレシピを試されている皆さんですが、今後挑戦したい料理はありますか?

谷岡:昆布の出汁の味の違いを自分の味覚で確かめてみたい!北海道だけでも真昆布と利尻、羅臼、日高昆布などたくさんの種類があって、全部味が違うそうなんです。水に浸したり加熱したりしてどういう違いがあるのか、時間ができたらまずやってみたいです。

今湊:職人ですね(笑)。僕はまだ揚げ物をやったことがないのでやってみたいのですが、何から挑戦すればいいですか?

谷岡:薄く油引くだけでもできるから、好きなものを揚げてみたらいいよ。

今湊:おすすめの食材はありますか?

谷岡:大葉の片方だけに衣つけて揚げたりすると美味しいよ。それから天ぷらは基本、油の中に入れたら30秒くらいいじらないのがポイント。素材と衣がくっつくまでは「なんとか美味しくなってくれ…!」とひたすら我慢する(笑)。

内田:油がはねるのが怖い時はどうしたらいいですか?

谷岡:衣の水分が多いのかな?多少はねるのはもうしょうがないけど、はね防止のネットが売っているよ。細かい網目になっていて、鍋の上に被せれば全然飛んでこない。

内田:そんなグッズがあるんですね!

谷岡:僕は釣りもするのですが、魚を素揚げする時には水分が残って油がはねるので、そういう時に使っています。

◆谷岡アナ、“スパイス”にも詳しい

谷岡:内田が挑戦したいことは?

内田:まだ一度も作ったことがないので、おせちを作ってみたいです!それから、最近黒瀬(翔生)アナがスパイスにハマっているらしく、自分で調合してカレーを作っているらしいんです。スパイス専門店も教えてもらったので、私も自分で調合できるようになったらもう一段階上に行けるかなと思っています(笑)。最近5~10種類ほど揃えたのですが、お二人はスパイスを集めていますか?

谷岡:20種類くらいはあるかな。

今湊:僕の家にはゼロです(笑)。スパイス20種類って何に使っているんですか?

谷岡:ちょっとずつ増えて結果20種類になっているのだけど、よく使うのは5~6種類くらいだよ。

内田:その中で珍しいものはありますか?

谷岡:カルダモンとか!あとはガラムマサラ、クミン、ターメリックをよく使う。「味がぼやけたな」と思った時に入れたら、大体美味しいカレーに仕上がる。だからそんなに難しくないよ!

内田:目分量で入れているんですか?

谷岡:ターメリックはカレーに色をつけるものだから最後に入れるのだけど、ガラムマサラとかクミンは少しずつ足して味見して調整する。粉だから少しずつ挑戦していけるんだよね。

今湊:すごい!

※後編に続く!

(modelpress編集部)

◆谷岡慎一(たにおか・しんいち)プロフィール

生年月日:1987年2月16日/出身地:高知県/出身大学:法政大学/血液型:A型/入社年:2010年

<担当番組>
ノンストップ!
みんなのKEIBA
スポーツ中継(野球・競馬・バレーボール・スピードスケート・陸上・ゴルフ)
VS魂(天の声)

◆内田嶺衣奈(うちだ・れいな)プロフィール

生年月日:1990年1月6日/出身地:東京都/出身大学:上智大学/血液型:A型/入社年:2013年

<担当番組>
Live News α
FNN Live News イット!Weekend
フィギュアスケート中継
BSフジ リモートシェフ
BSフジ お台場バドミントン学園

◆今湊敬樹(いまみなと・けいじゅ)プロフィール

生年月日:1996年1月13日/出身地:茨城県/出身大学:早稲田大学/血液型:AB型/入社年:2018年

<担当番組>
Live News α
スポーツ中継(バレーボール・フィギュアスケート・競馬・野球・駅伝・ゴルフ)

◆「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2022~Unveiled~」

入社9年目の内田アナ、三上真奈アナを筆頭に、後輩アナ全員が参加。総勢19人の女性アナが華やかに登場する。

今回プロデュースを担当したのは、入社7年目の小澤陽子&宮司愛海アナの同期コンビ。誕生日が同じ日で、共に今夏30歳を迎えた二人。新たなステージへと進む両アナが思い描く“働く女性の格好良さ&凛とした美しさ”を、ファッション誌「JJ」と共に表現した。

都内スタジオにて行われた撮影には、カレンダープロデュース初挑戦の2人も立ち会い、衣装やヘアメイクのチェック、カメラマンと写真の構図を念入りに打ち合わせするなど、細部までこだわり抜いた。爽やかな白い衣装に身を包んだ女性アナ19人の表紙をめくると、一変、中面はいつもとは異なる表情が映し出されたカレンダーになっている。

サブタイトルの『Unveiled』(=秘密などを明かす、初公開するという意)には、「これまで画面では見せなかったような表情や一面を見せたいという思いを込めた」と語った宮司アナ。小澤アナは「一人一人の秘めた魅力を引き出しながらおしゃれで洗練されたカレンダーに仕上がった」と自信を見せる。普段から同僚の働く姿や日々の葛藤を近くで見ている2人だからこそ引き出すことができたアナウンサーたちの表情に注目だ。

販売価格:2300円(税別)
発売日:10月12日(火)より全国書店にて発売中
販売場所:フジテレビショップ、フジテレビ公式通販サイト「フジテレビe!ショップ」、全国書店他
制作:光文社JJ編集部
撮影:佐々木大輔<SIGNO>

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/16 17:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます