【紫菊賞結果】リブーストが馬なりで後続を突き放して無傷2連勝

拡大画像を見る

 16日、阪神競馬場で行われた紫菊賞(2歳・1勝クラス・芝1800m)は、後方追走から追い上げた幸英明騎手騎乗の1番人気リブースト(牡2、栗東・佐々木晶三厩舎)が、馬なりのまま直線で先頭に立ち、最後は逃げた2番人気ブルーグロット(牡2、美浦・伊藤伸一厩舎)を3.1/2馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは1分47秒2(良)。

 さらに4馬身差の3着に6番人気エニアグラム(牝2、栗東・西村真幸厩舎)が入った。なお、3番人気シュンメキラリ(牝2、栗東・牧田和弥厩舎)は7着に終わった。

 勝ったリブーストは、父ハービンジャー、母ディオジェーヌ、その父ディープインパクトという血統。新潟の新馬戦に続くデビュー2連勝を飾った。

関連リンク

  • 10/16 14:37
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます