【海外競馬】ジャパンC登録のサードラゴネットが安楽死、昨年のコックスプレートなど豪G1・2勝

拡大画像を見る

 昨年のコックスプレートなど豪G1・2勝、今年のジャパンC(GI)に予備登録のあったサードラゴネット(Sir Dragonet、牡6、豪・C.マー&D.ユースタス厩舎)が16日、調教中の故障により、安楽死となったことがわかった。

 管理するキアロン・マー調教師のTwitterアカウントで同日、発表された。

 サードラゴネットは父Camelot(その父モンジュー)、母Sparrow、母の父Oasis Dreamという血統。

 当初はアイルランドのA.オブライエン厩舎に所属。2019年に未勝利戦、チェスターヴァーズ(英G3)とデビュー2連勝。大一番のダービー(英G1)では1番人気に推されたが、僚馬アンソニーヴァンダイクの5着に敗れた。

 その後も大崩れはしないものの、欧州では勝ち星をあげることができず、2020年に豪州のC.マー&D.ユースタス厩舎に移籍。その初戦コックスプレートで、元僚馬のアーモリーを2着に抑え、待望のG1初制覇を飾った。

 今年は4月のタンクレッドSで、2つ目のG1タイトルを獲得。10月23日に行われるコックスプレートでも、連覇に向け期待を集めていた。通算成績は19戦4勝。

※馬齢は現地表記に準ずる。

関連リンク

  • 10/16 15:56
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます