King&Prince・永瀬廉、「ネットニュースになんの、こういうの!」と記事化に警戒!? 『おかえりモネ』で答えなかった質問とは?

拡大画像を見る

 King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)。10月14日の放送回では、King&Princeで担当しているCMの撮影裏話を語った。

 2019年から3年連続でセブンイレブンが展開するクリスマスキャンペーンのイメージキャラクターを務めているKing&Prince。「もうケーキとかマジでうまいね」と毎回CM撮影のときにケーキを食べているというが、セブンイレブンの中では「俺、あれが好きなのよ、カレーパン。レジ横の。あれジンにおすすめされて食べてんけど」と、神宮寺勇太に教えられたカレーパンが好きなんだとか。

 さらに永瀬は9月15日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)内「解決!King&Prince」のコーナーで、ライブのときは下着を現地調達するため「みんなパンツほぼお揃い」と告白していたが、今回のラジオで「ライブのときに穿いてるのセブンイレブンのパンツ、僕」と購入先を明かしていた。

 その後は、現在放送されているソフトキャンディ『ぷっちょボール』のCM「犯人さがし」編の撮影裏話についてトーク。楽屋に置いていた自分のぷっちょがなくなり、刑事に扮した平野紫耀が、蕎麦屋に扮する岸優太やシンガーソングライターに扮する高橋海人らにぷっちょの行方を聞いてまわるCMだ。

 この中で神宮寺が取調室で平野から問い詰められ「俺じゃねぇよ~」とすがるように訴えているシーンがあるが、永瀬によると「このセリフだけで、神宮寺は10数パターンやってましたね」「違う感じで。激しめに怒ったりちょっとビビりながらだったり。『信じてくれよ~!』っていうスタンスのやつだったり」とさまざまなパターンを撮影していたようだ。

 そして岸が扮した蕎麦屋については、「役作りかわからんけど、近くで見ると目ガン開きなの。あの人のキャラ作りかわからんけど」と言い、「寝不足を頑張ってカバーしてる感じでめっちゃ面白かった」と明かした。 

 また、平野が自分の出演作品を「メンバーと一緒に見るのは恥ずかしい」と話していたことから、「メンバーと一緒に作品を鑑賞するのはどんな感じですか?」との質問が届いた。これに永瀬は「俺の場合は、見るのは全然なんとも思わん。一つの作品として楽しめる」としながら、「そのあとの(感想を)言ったり、感想を言われたりするのが全員恥ずかしいんやと思う」とコメント。そのため、お互いに感想を言い合うことはないようで「言うのは海人くらい」とし「多分、紫耀と同じ気持ちのメンバーが大半やと思います。恥ずかしい」と告白。とはいえ、来年公開予定の永瀬主演の映画『真夜中乙女戦争』は「なんだかんだ見てほしい」と語った。

 一方で、永瀬がヒロインの幼なじみ役で出演中の朝ドラ『おかえりモネ』(NHK)について、「ドラマの中ではモネが好きですが、廉くんだったらモネ、みーちゃん、すーちゃん、神野マリアンナ莉子、どのタイプの子を好きになりますか?」との質問も届いた。

 これには「えー? こういうのがネットニュースで流れてくんの、俺のもとまで。こういうの言っちゃうと!」「ネットニュースになんの、こういうの!」と、記事になってしまうと警告。うっかり好きなタイプを明かそうものなら、「朝ドラ女の子、永瀬のタイプは!?」のような記事が出回ってしまうと言い、「皆好きですけど、もちろん!」と無難な回答で明言を避けていたのだった。

  • 10/16 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます