V6岡田准一に映画『燃えよ剣』で共演ヘイセイ山田涼介はドン引き!?「瞬間移動」に「40キロ岩担ぎ登山」…“藤岡弘、超え”「超人伝説」!!

拡大画像を見る

 10月12日発売の『女性自身』(光文社)のインタビュー記事にHey!Say!JUMPの山田涼介(28)が登場した。

 同誌では、クールでスマートなスーツ姿の山田の写真が掲載。インタビューでは10月15日に公開された山田出演の映画『燃えよ剣』について語っている。

「『燃えよ剣』で沖田総司を演じた山田が、役作りで1週間で8kgの減量に成功させたとの話も驚きでしたが、それ以上に衝撃的だったのは『燃えよ剣』主演のV6・岡田准一(40)のエピソードです。

 今回のインタビューで山田は、撮影が早朝5時や6時の開始でも、岡田はその前にジムなどで体を動かしてから現場に来る。宿舎から現場まで走ってくるという、人間離れした岡田の行動を語っていました」(女性誌記者)

 同じジャニーズ事務所の先輩である岡田の行動だが、山田は「ちょっと考えられないくらい超人」とコメントしている。

「後輩の山田ですら、岡田の行動には驚きを覚え、若干引き気味のようですよね。ただ、岡田には、山田もすべては知らないであろう数々の人間離れした超人伝説、“岡田伝説”があるんです」(前同)

■人類初の瞬間移動も夢ではない!?

 2月2日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)では、ゲストの岡田についてさまざまなタレコミが寄せられた。その中で、お笑いコンビ・ネイビーズアフロが、「岡田はお風呂で瞬間移動の練習をしている」という情報を持ってきた。

「大の大人がまともに“瞬間移動”の練習をしているとは信じがたいのですが、岡田は“なんで知ってるんですか”とし、“本気でするんですよ。冗談じゃなく”と、真剣に瞬間移動の練習をしていると話しました。さらに岡田は神経を集中させて“フゥア!”と叫び、実際に行なっている練習も実演していました」(前出の女性誌記者)

 超人・岡田と言えども瞬間移動は不可能な気もするが、もしかして……と思わせるエピソードもある。

「6月13日に放送された『日曜日の初耳学』(TBS系)で、SexyZoneの中島健人(27)が、岡田と2人で稽古をした際、“目の前にいた岡田くんがもう0.5秒後には背後にいるんですよ。で、『今のが実戦だったらケンティーもう死んでるよ』って言われたんです”とのエピソードを語りました。

 中島が言うように、本当に岡田が0.5秒で人間の背後に回れるのであれば、もしかしたら瞬間移動もそのうち……と思わせられますよね。すでにもう半分くらいはマスターしていると言えるのかもしれませんね」(前同)

■体の鍛えすぎで「エベレストの岩は重かったです」

 2016年3月に公開された岡田主演の映画『エヴェレスト 神々の山嶺』では、エベレストの標高5200mの地点でロケを敢行。そこで、岡田の鍛え上げられた肉体が裏目に出てしまう出来事があったという。

「2016年2月に福岡県で行なわれた『エヴェレスト 神々の山嶺』の舞台挨拶で監督の平山秀幸氏が、“岡田くんがザックを背負っているのを見ていると20キロあっても軽そうに見える”との理由で、岡田が背負っていたザックに、現地のクライマーが30kgほどの岩を詰めたというのです。

 岡田を取り上げたテレビ番組では、40kgの岩を詰めたとの話もあります。さすがの岡田も岩を大量に詰められたのは参ったようで、舞台挨拶では“僕がちょっと体幹を鍛えすぎたんですかね、ザックが軽く見えるって言われて。エベレストの岩は重かったです”とコメントしました。

 体を鍛えているがために撮影で余計な負荷をかけられてしまうとは、超人・岡田ならではのエピソードかもしれません」(前出の女性誌記者)

■CM発表会で元世界チャンピオン級「221kg」の衝撃

 2017年4月に行なわれた久光製薬『フェイタス』のCM発表会で岡田は、驚異のパンチ力を見せた。

「発表会では、岡田の身体能力を試すためにパンチングマシーンでパンチ力を測るコーナーがあり、“221kg”というとんでもない数字を出したんです。岡田と同年代のスタッフが測定したしたときの記録は“119kg”だったといいますから、岡田はそのほぼ倍の記録を出したことになります。

 ちなみに2020年7月のYouTube動画では、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二(49)がパンチングマシーンで217kgという記録を出しています。年上で現役ではないとはいえ、岡田は元世界チャンピオン超えの記録を出していることになります」(前出の女性誌記者)

 それから4年、今の岡田がその気になれば、さらにすごい記録が出るのかもしれない。

「俳優ながら武道家としても知られる藤岡弘、(75)も撮影でロープウェイやヘリコプターに脚に命綱なしでつかまっていた、などの超人的な伝説がありますが、もはや岡田の持つ伝説のレベルはそれ以上かもしれません。

 どの伝説もさまざまな格闘技を会得した岡田だからこそできる離れ業とも言えますし、いかに岡田がとんでもない男か思い知らされますよね」(前同)

 11月1日にV6が解散した後は、超人ぶりに拍車がかかってしまうかも?

関連リンク

  • 10/16 8:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます