フジテレビ宮司愛海アナ「局内でも絶賛」5月にがんで逝去した「実母への想い」赤裸々な名文に広がる感動!

拡大画像を見る

 フジテレビの宮司愛海アナウンサー(30)が10月14日にインスタグラムを更新。5月にがんで最愛の母を亡くしていたことを明らかにした。

 宮司アナといえば、2018年からスポーツ番組『S-PARK』(フジテレビ系)でメインキャスターを務め、夏開催の東京オリンピック・パラリンピックでは中継キャスターとして大活躍だった。

 宮司アナはインスタで「5月に亡くなった母について書きました」と、同日に『FNNプライムオンライン』で公開された自筆の記事を告知。「がんとの闘病、看取った瞬間のこと、この1年を振り返って書いてみると、すっきりした、というとおかしいですね。でもなんだかものすごくほっとしました」と綴った。

 また、「公開されるまでとても緊張していたのですが、読んでくださった方々からたくさんのメッセージをいただいて、多くの方が苦しい、悲しい日々を過ごしているのだと感じています。毎日一生懸命に生きている皆さんは本当に本当にえらいです。私なんかが偉そうにすみません、、」と恐縮しつつ、「ちょっと長くて、ずーんと重い気持ちになってしまうかもしれませんが、よければ読んでください。お母さん誕生日おめでとう」と結んだ。

 宮司アナの投稿に、同局の宮澤智アナ(31)も「読んで涙が出てきました。文章にしてくれてありがとう。お母さんにきっと届いていると思います」と、木村拓也アナ(31)も「宮司と、お母さんの強さと、優しさと感じることができました。素敵な文章を、ありがとう」とコメントしている。

「『FNNプライムオンライン』で公開された宮司アナの記事を目にしたフジテレビ関係者からも、“アナウンサーが書いたとは思えない文章”“胸に迫る名文”などと、感動の声が方々で上がっています。基本的にはアナウンサーは記者の書いた原稿を読むことが仕事で、原稿を書けないアナウンサーも多いですからね。それがこの素晴らしい長文、驚かされましたね」(制作会社関係者)

■母、家族への思い、悔しさまで赤裸々に綴る

 宮司アナは「母はこれまでに胃がんと乳がんを患い、それぞれ手術と抗がん剤治療を経て寛解。3年前には腹痛をきっかけに受けた検査で胆のうに影が見つかり、10時間近くの大手術を受け回復、と何度も大病を乗り越えた強い人でした」と、母親について綴っている。

 また、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた2020年はじめ、母親から「オリンピック、見たかった」というメッセージが届き、すい臓がんがあることが発覚したと振り返っている。

 その後、コロナ禍でオリンピックとパラリンピックの延期が決定したこと、母親が「オリンピック・パラリンピックを見るまでは死ねない」と口癖のように繰り返していたこと、母親が元気なうちにと急いで結婚式の準備を進めた妹への感謝など、当時の心境や家族への思いを赤裸々にしたためている。

 そして、がんの転移が見つかるなど次第に悪くなっていく母親の病状、オリンピックを前に今年5月に亡くなったこと、「コロナさえなければオリンピック・パラリンピックを見せられていたのに。コロナがなければ、もっと会えていたのに」と悔しさも露わにし、いまだに母親の死を受け止められずにいる自身の現状についても触れている。

■春頃には“元気がない”と心配されていた宮司アナ

「今年の春頃、フジテレビ内部でも“宮司アナが元気がない”という声があったんです。それは目標としていた東京オリンピック・パラリンピックの開催が危ぶまれていたからだと思われていました。そして、オリパラ終了後には“退社してしまうのでは”ともささやかれていました。

 ただ、本当のところはお母さんの病状、そして死があったからだったんですよね……。彼女の想いが込められた文章にはフジテレビ関係者からも感動の声が上がっていますし、“語り継がれる名文”だとも言われています」(前出の制作会社関係者)

 ネットやSNSにも「涙なしには最後まで読めませんでした。辛いですよね……」「東京オリンピックでメインキャスターをされていた姿が天国のお母様に届くといいですね。いや、きっと届いていますよ!」「お母様が旅立つときにご一緒にいられたこと、誰よりも何よりもお母様が一番喜んでいらっしゃったと思います。最後に、いつも宮司さんからテレビを通して元気をいただいています。ありがとう」といった感動のコメントが多数寄せられている。

 最愛の母の死を正面から受け止め、赤裸々に、そして素晴らしい文章で綴った宮司アナ。彼女の活躍を、母親も天国から見守っているに違いない――。

関連リンク

  • 10/16 8:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます