杉咲花、快進撃を支える「シングルマザー」歌手ママが誕生日に上げた「幸せだなぁ」感動メッセージと「杉咲とプーさん」激レアのツーショット写真

拡大画像を見る

 杉咲花(24)が主演を務めるドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系)が10月6日からスタートした。

 杉咲演じる、恋に臆病な盲学校高等部3年生の赤座ユキコと、杉野遥亮(26)演じる根は純粋なヤンキー・黒川森生のラブストーリーを描いたこの作品は、初回の世帯視聴率が8.8%、10月13日放送2話の世帯視聴率は8.6%という結果を残している。

「2018年4月期のドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)で主演の江戸川音役を務めるなど、徐々に知名度、人気を獲得していた杉咲は、2020年後期のNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』でヒロイン・竹井千代役を好演。

 さらに今年12月30日には、出演する嵐・松本潤(38)主演の映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』の公開も決まっており、女優として快進撃を続けています。『恋です!』もまずまずのスタートのようですし、いま彼女は、女優として乗りに乗っていますよね」(テレビ誌ライター)

 大活躍中の杉咲は、『恋です!』のスタート直前、10月2日に24歳の誕生日を迎えた。

■母からの愛あるメッセージと貴重写真

 杉咲の誕生日の翌日の10月3日、彼女の母親で歌手のチエ・カジウラがインスタグラムを更新した。

「昨日10月2日は第24回お母さん記念日つまり娘のお誕生日でした」と切り出し、「あの日もね 昨日みたいにいいお天気で 私の人生で最もお日様と風に感謝した日でした。24年、共に生きたんだね。幸せだなぁ いろんな事があった様に思うけど 24年が一瞬だったような気分」と綴った。

「カジウラは、メッセージだけでなく、東京ディズニーランドで撮影したくまのプーさんとツーショットなど、今では貴重な幼少期の杉咲の写真を投稿しています。

 2020年12月発売の『女性自身』(光文社)によると、カジウラは1996年、レベッカやレッド・ウォーリアーズのギタリストとして活動していたことで知られる木暮武彦(61)と結婚。その翌年に杉咲が誕生していますが、カジウラと木暮は2000年に離婚し、以降、カジウラが女手一つで杉咲を育てたといいます。

 カジウラは、杉咲が中学時代に女優の道へ進むことを希望したときも反対することなく背中を押し、『おちょやん』で、慣れない大阪での長期撮影に挑む際は、杉咲に体調を気遣うメッセージを送っていたそうです」(女性誌記者)

 2017年7月5日付のWEBメディア『あんふぁんWeb』のインタビュー記事で、杉咲は母のカジウラについて、「母がいつも私のやりたいことを応援してくれて、かなえる方法を一緒になって探してくれた」と語っている。

「カジウラは、ひとりで必死に育てた娘が、多くの人に愛され、そして女優として快進撃を続けている姿を見るのが嬉しくて仕方がないのではないでしょうか。そんな大切な娘への想いが、誕生日を祝う10月3日のインスタグラムの感動的なメッセージにもあふれていますよね」(前同)

 常に見守ってくれている母の想いも胸に、杉咲は女優としてこれからも進んでいくだろう。

関連リンク

  • 10/16 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます