杏、移住への思い全開!憧れの地・フランスは「広島呼び出し愛」で総スカンの元夫・東出昌大に“ナンパ”された場所だった!!

拡大画像を見る

 女優の杏(35)が10月14日、在日フランス大使館公邸で行なわれた『フランス映画祭2021横浜』の記者会見に登壇した。

 日本未公開作品を含めた珠玉の最新フランス映画が上映される『フランス映画祭2021横浜』のフェスティバル・ミューズに就任した杏は、会見で映画についてのトークはもちろんのこと、フランスについても「パリ、フランスは青春の場所。スマホのない時代に紙の地図を持って、最先端のファションの現場に行きました。その時に築いたものが宝物として熟成されている」と熱いフランス愛を語る場面もあった。

「杏は、モデルとして2006年のパリコレに出演するなど、今まで何度も渡仏経験があるといいます。また、杏はフランスへの移住への思いをテレビ番組などで明かしていて、9月1日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)では、フランス語を勉強していて、一般人に混じってオンラインレッスンを受けていることも明かしています」(女性誌記者)

 本気で語学を学ぶなど、フランス移住計画を進めている杏。イベントでもフランスへの愛を存分に語っていたわけだが、意外な思い出もあるという。

「杏が、パリコレ出演のために2006年にフランス・パリを訪問していた際、当時まだ無名だった東出昌大(33)に声をかけられて、2人は出会ったと2015年7月発売の『女性セブン』(小学館)は伝えています。東出が杏を“ナンパした”と言える出来事があったのも、フランス・パリの地ということですね」(前同)

■別々の人生を歩みだした2人、東出は「総スカン」の窮地

 2006年にパリでファーストコンタクトがあった杏と東出は、2013年のNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』での共演を経て、2015年1月に結婚。2人の子宝にも恵まれたが、2020年1月に、東出と女優の唐田えりか(24)との3年にわたる不倫関係が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられ、同年8月に2人は離婚した。

「東出さんは、10月14日発売の『週刊文春』で新恋人の存在が報じられています。東出さんは現在は独身で、自由に恋愛することに文句を言われる筋合いはない立場ではあるのですが、今回、撮影のために滞在していた広島県呉市のホテルに、新恋人のAさんを呼んでいたことが明らかになった。

 この行動に、2億円とも言われる違約金を肩代わりし、東出さんの再スタートを可能な限りサポートしていた東出さんの所属事務所の女性社長が、カンカンに怒っていると言われていますね」(芸能プロ関係者)

 この報道に対しては、「東出昌大は養育費1人あたり1万しか払ってないくせに、彼女作ってる場合か!」といった批判がネットにも寄せられている。

「まだ不倫騒動が鎮火していないタイミングで、元妻の杏に対して、養育費は子ども1人当たり月1万円の計3万円を提示した、との報道もありました。こうした中で、仕事現場の広島まで呼び寄せるという、非常識と言われても仕方のない新恋人報道があったわけですから、批判が出るのも無理ないのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 元夫が総スカンを食う中、杏は東出との出会いの地でもあるフランスへの移住を希望している。

「テレビ番組で公言し、フランス映画祭のキャラクターも務めた。私生活でも着々とフランスへの移住が進む杏ですが、そんな最中、元夫の再びの恋愛スキャンダル。今回の報道で彼女は、2人のフランスでの過去を思い出すのかもしれませんし、それで、複雑な心境になってしまうのかもですね。

 ただ杏は、東出の報道後の14日の記者会見でも“フランスに住みたい?”との問いかけに対し、“はい、そうですね”と力強く答えていました。フランス移住への意思は相当固い。もしかしたら元夫のことで何かと騒がれる日本にいるのが辟易、というところもあるのかもしれませんね」(前同)

 フランスに移住しても、素晴らしい演技を見せ続けてほしい!

関連リンク

  • 10/16 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます