SixTONESの「なにもしないリーダー」高地優吾、Snow Manとの格差に焦り? バラエティ生き残りにかける「唯一の道」

拡大画像を見る

 SixTONESの高地優吾(27)が、10月20日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)に出演。ジャニーズきっての温泉マニアとして、温泉トークをサンドウィッチマンに披露した。

 高地は伊達みきお(47)、富澤たけし(47)、元男子プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(49)、モデルでタレントの藤田ニコル(47)とともに、都心から最も近い秘境と言われる、埼玉県飯能市の吾妻峡を目指すことに。

 松岡の参戦は同局系で21日から放送する『世界体操・新体操』の番宣も兼ねていて、一同の絆を深めるという目的のため、世界体操・新体操にちなんだ“修造チャレンジ”に、なぜか強制的に挑戦させると宣言した。

 新体操のフラフープに続き、ボールを使ったチャレンジは、“ボールを上に投げて1回転してキャッチ”を5人連続で成功させるというもの。松岡、藤田、伊達、富澤と次々と成功させ、ラストのチャレンジは高地に。

 ボールを持った高地に、松岡は「1回転でいいの?」と挑発。チャレンジを1度で成功させたい藤田は「いやいやいや……」と無理してほしくない様子だったが、松岡は「“何もしなくていい”って言われたんでしょ? ジャニーさんに!」と高地に追求した。

 これが図星だったようで。高地は「そうです、“何もしなくていい、いるだけでいい”って言われたんです。だから、ダンスもできないまま、ここにいるんですよ」と告白。伊達に「できないんかい!」とツッコまれると、高地は「できます! できます!」と否定した。

■温泉入浴シーンでは専門知識を披露

 そこで、富澤が「2回転ぐらいいけるの?」と、難易度アップを提案。天を仰いで考え込むと、松岡が「僕は決めることじゃない、自分で決めることです」と声をかけ、高地は肩を落として苦笑い。伊達が「ほぼ強制的です」と笑った。

 すると、高地は少しムッとした様子で「やりますよ! そしたら」と応じ、一同が応援するなかチャレンジしたが、投げ上げたボールを見失って失敗。再度のチャレンジで2回転キャッチをギリギリで成功させ、一同からの喝采の拍手を浴びた。

 その後、吾妻峡にゴールすると、旅の最後に老舗旅館の絶景温泉に入ることに。修造が「温泉のプロなんでしょ?」と語りかけると、高地は温泉が大好きで、温泉分析書の読み方や入浴法を学んで取得する、“温泉ソムリエ”の資格を持っていると明かした。

 そこで、伊達が「どうですか、このお風呂は?」と質問。高地は「ちょっと硫黄泉が入ってるらしくって、硫黄っぽい香りだったり、血流の効果が良くなるので、(山道を歩いた)今の筋肉疲労には、むちゃくちゃもってこいです」と解説し、伊達を「マジ?(温泉の知識)スゴいね!」と驚かせた。

「ジャニー喜多川氏に“いるだけでいい”と言われたのは、高地がジャニーズに入所してもヤル気がなく、“やめたい”と相談したときで、ジャニーさんに“YOUはいるだけでいいんだよ”と言われたためで、高地は“いるだけでいい”と受け止めたそうです。

 また、ヤル気がないのにグループのリーダーを務めることになったのは、事務所の先輩である嵐のリーダー・大野智(40)に、“リーダーはなにもしないんだ”とアドバイスされたためで、“なにもしないなら、高地だ”とメンバーに指名された経緯があります」(芸能関係者)

■「なにもしない」じゃそろそろヤバい?

 バラエティやラジオで活躍し、10月20日に全国アリーナツアー「on eST」のライブDVD&Blu‐rayをリリースしたSixTONESだが、メンバーそれぞれのキャラが立っている、Snow Manの活躍に比べると、差をつけられているのは明らかだろう。

 最近の高地は、やたら温泉アピールをしているのも、その焦りからなのかもしれない。5月17日放送の『所JAPAN』(フジテレビ系)に出演した際も、高地は温泉の種類や効能がびっしりとまとめられた、自作の温泉ノート片手にヤル気満々でロケ出発地に登場。過酷な環境の温泉に翻弄されながらも、温泉ソムリエらしいコメントを残していた。コロナ禍が少しずつ落ち着いてきて、テレビ番組のロケシーンも増えてきた。温泉ソムリエ路線も、意外と成功するかも?

関連リンク

  • 10/16 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます