【天皇賞・秋】春秋連覇狙うワールドプレミア 順調に態勢整える

拡大画像を見る

 10月31日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)。出走予定のワールドプレミア(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が2週前追い切りを行った。

 栗東坂路でヴァルコス(4歳オープン)に1馬身半先着。「精神的に落ち着きが出てきたのはプラス」と騎乗した藤岡康太騎手(レースは未定)。

 ワールドプレミアは父ディープインパクト、母マンデラ、その父Acatenango、全兄に14年マイラーズCなど、重賞2勝のワールドエースなどがいる血統。

 前走の天皇賞・春(GI)では、2019年の菊花賞(GI)以来となるGI・2勝目を挙げた。通算成績は11戦4勝。

関連リンク

  • 10/15 15:46
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます