男性が思う【あげまんLINE・さげまんLINE】その意外な違いとは?

LINEのやりとりの内容によって、終わった後のテンションも違います。
その日の気分によって、次の日の仕事や生活に支障が出る場合が多いです。

今回は、男性が思うあげまんLINEとさげまんLINEの違いを4つまとめてみました。

(1)本物のあげまんは自然とポジティブなLINEを送れる



本物のあげまんは、無意識に相手を元気づけるLINEが送れるのが特徴です。
たとえば、男性が仕事でミスして落ち込んでいる時「そうか……じゃあ今から通話して一緒に歌おう!」と、驚くような提案をしてきます。

男性は戸惑いつつも女性の天真爛漫な対応に、自然と笑みがこぼれるでしょう。

(2)さげまんは余計なアドバイスが多く「自称あげまん」を名乗っている



さげまんは、心の中で「自分はあげまん」だと思っているので、余計なアドバイスが多いです。
「あなたのことを思って」「私が言ってあげなきゃ」と正義感が強いので、上から目線になってしまいます。

上から目線のアドバイスを聞き入れるわけもなく、むしろストレスを与えているだけです。

(3)あげまんは短文にわけて、さげまんは長文を一気に送る



あげまんとさげまんの差は、ずばり「LINEの文章の長さ」です。
あげまんは、伝えたいことがたくさんあっても相手が読みやすいように短文を小分けに送ります。

一方さげまんは、長文を一度にドバっと送り、自分が言いたいことを伝えるのです。

(4)あげまんは最初に結果を言う、さげまんはだらだら話して結末がわからない



あげまんとさげまんの違いは、話のわかりやすさも関係していきます。
あげまんは、最初に結末を話して相手を食いつかせ、後から詳細を伝える場合が多いです。

さげまんは、いきなり詳細から話し始めるので、途中で何がいいたいのかわからず男性をイラつかせてしまいます。


あげまんLINEとさげまんLINEの大きな違いは、ずばり「相手を気遣えるLINEができているかどうか」です。
この記事を参考にして、1つでも多くのあげまんLINEを送りましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/15 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます