<Girls Planet 999>ファイナル生存者18名&新TOP9発表

【モデルプレス=2021/10/15】15日、グローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999 : 少女祭典」(以下、Girls Planet 999/毎週金曜よる8時20分~日韓中同時、日本語字幕付き国内独占無料放送)の第11話がABEMAにて放送。第3回生存者発表式の結果発表が行われ、ファイナルステージに進む18名が決定した。

◆「Girls Planet 999」とは

本プロジェクトには、応募総数1万3千名の中から日・韓・中の3つの地域で行われたオーディションを通過した各地域33名、合計99名が参加。言語も文化も違うが「グローバルガールズグループデビュー」という同じ夢を抱く99名の、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げられる、夢に向けた旅路と成長過程を全12話にわたりお届けする。

◆18名がファイナルステージへ

第3回の投票では、個人投票となり、K・C・Jの割合は関係なく、9人が脱落。全体のグローバル順位1位から17位までが生存し、18位から27位までの10人のうち、1人だけがプラネットパスによって生存する。生存した合計18名が、デビュー組が決定する生放送のファイナルステージに立つ。

K・C・Jの人数制限がなくなり、オリジナルの新曲に挑戦したクリエーションミッションでは、「U+Me=LOVE」チームがベネフィットを獲得。シグナルソング「O.O.O(Over&Over&Over, オ.オ.オ)」のミッションでは3チームに分かれ、チェ・ユジン、ヒュニン・バヒエ、ソ・ヨンウンの3人がベネフィットを獲得した。

2つのミッションでベネフィットを得たヨンウンは、初めてTOP9入り。前回2位だった川口ゆりなが4つ順位を落として6位となった。

1位は、シェン・シャオティンが第2回から引き続いてキープ。77か国で投票1位だったという。そして2位はキム・ダヨンが初めて念願のTOP9入りとなった。

17位で生存となったのがキム・スヨン。チェン・シンウェイが18位で惜しくも脱落となった。

マスターが選ぶプラネットパスはグイン・マヤ。最後の投票は1人となり、1週間行われる1次投票と、生放送で行われる2次投票の結果によってデビューメンバーが決定する。

◆第3回生存者発表式順位

 →↑↓前回との変動

1位:シェン・シャオティン(C)→
2位:キム・ダヨン(K)初
3位:坂本舞白(J)→
4位:江崎ひかる(J)→
5位:チェ・ユジン(K)→
6位:川口ゆりな(J)↓4
7位:野仲紗奈(J)初
8位:フー・ヤーニン(C)初
9位:ソ・ヨンウン(K)初

10位:スー・ルイチー(C)
11位:キム・チェヒョン(K)
12位:カン・イェソ(K)
13位:ヒュニン・バヒエ(K)
14位:ウェン・ヂャ(C)
15位:キム・ボラ(K)
16位:ファン・シンチャオ(C)
17位:キム・スヨン(K)

プラネットパス:グイン・マヤ(K)

(modelpress編集部)

情報:ABEMA


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/15 22:07
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます