あなたは送ってない?【男性を萎えさせるLINE】の特徴を今すぐチェック!

拡大画像を見る


たくさんLINEを送るだけで男性と仲良くなれるわけではありません。時には、自分がアプローチのつもりで送っているLINEなのに、男性の地雷を踏みぬいていて逆効果になっていることもあります。そんなLINEをたくさん送ると、恋人ができるどころか嫌われてしまうでしょう。そんなことがないように、男性はどんなLINEで萎えてしまうのか、男性が苦手とするLINEの特徴をチェックしておきましょう。


意味の分からない自分語り

男性と親しくなりたいと思うと、自分のことをよく知ってもらいたいと思うでしょう。それ自体は問題ありませんが、その気持ちだけが先行して意味の分からない自分語りをLINEで男性に送りつけるのはNGです。まだそんなに親しくないのに詳しい情報をいきなり送られても、男性も困ってしまいます。


男性が短文なのに自分だけが長文

普段から誰かと話すのが好きな女性は、LINEでもついつい長文になってしまいがちです。しかし、自分が長文で楽しくても相手は負担になっているかもしれません。男性が短文で返してきているのに、自分だけ長文になっていないかは常にチェックしましょう。男性とLINEで親しくなりたいなら、文章の長さや量は同じくらいにするのがおすすめですよ。


毎日同じくらいの時間に始まる雑談LINE

男性と仲良くなるために、毎日仕事が終わってご飯が終わったリラックスタイムにLINEをする習慣を付けているという女性も多いでしょう。しかし、それは受け取る側の男性からすると「今日もこの時間にLINEが来たよ」とうんざりする原因になりかねません。男性に陰でこっそり「時報LINE」なんて呼ばれることもあるでしょう。男性とLINEがしたい場合でも、毎日同じ時間に送るのではなく、男性の都合も考えてお互いに空いている時間帯に送るようにしましょう。


アプローチのつもりが逆効果になるLINEもあるから注意して!

自分では必死にアプローチしてもなかなかLINEで仲良くなれないという場合、それは二人の相性ではなくLINEの内容に問題があるのかもしれません。せっかくの勇気を出したアプローチが無駄にならないように、男性の萎えポイントを知って地雷を踏まないように気を付けてLINEを送りましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/15 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます