矢方美紀 (元SKE48) 乳がん公表時「ショックだった」周囲の反応とは#3

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/251542/ )

7年半の間SKE48に所属し、チームSのリーダーを務めた矢方美紀さん。17年にセルフチェックで左胸に石のようなしこりを見つけ、翌18年にステージ2Bの乳がんと判明。18年4月には左乳房全摘出・リンパ節切除の手術を受け、その後抗がん剤治療も経験しました。

ご自身の闘病経験からFWD富士生命・NPO法人ふくりびとともに「アピアランスの変化」に関する啓蒙も続ける矢方さん。その渦中のお話を伺いました。6話シリーズの3話目です。

*このシリーズの一覧はこちら( https://otonasalone.jp/tags/yakatamiki/ )

病気のことをわかりたいという気持ちは言葉に現れるんです

病気を公表したとき、周囲の反応で「ショックを受けたこと」は何でしたか?

矢方 「何で胸を取ったんですか?」と聞かれたのはショックでした。また、「ショックですよね」とストレートに聞かれるのも困りました。患者にとってはひとことで片付けられない感情なんです。全体的に、どうして、なんでという言葉には答えにくかったですね。特に手術直後は私自身もこの病気がどういうものか、治療はどうなるのかをまだ理解できていませんし、抗がん剤治療が始まっておらず、自分もどうやっていくんだろうと思っている段階なので、周囲にどう説明すればいいのかは悩んでしまいました。

 

そのほか、病気のことを伝えていく上で悩んだことはありましたか?

矢方 3年たったいまは、当事者や近親者にお話をすることが増えたのですが、みんながんのことを知ってくれていて、理解を深めるところからスタートするのでお話がスムーズです。乳がんは唯一、セルフチェックで見つけることができるがんなのですが、これを予備知識がゼロの人に説明するのもなかなか大変なんです。同世代の女性に、私も胸に痛みがあるから乳がんかも、明日病院に行くと言われたことがありました。本人はパニックになっているのですが、病院に行っても何もありません。こういう場合、私ががんについて発信することで、症状をよく理解していない同世代を変に焦らせてしまっているのかなと悩むことがありました。

 

つづき>>>手術のお見舞いに「これは困る」ものって?意外にシンプルです( https://otonasalone.jp/?p=251543&preview=true )

関連リンク

  • 10/15 10:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます