M・ナイト・シャマラン監督の新作、正式タイトルと全米公開日が明らかに

拡大画像を見る

 M・ナイト・シャマラン監督が手掛ける新しいプロジェクトの正式タイトルと公開日が明らかになった。

 『シックス・センス』や『スプリット』など、これまでくつものヒット作を世に出してきたシャマラン監督の、第15作目のなる作品のタイトルは『Knock at the Cabin(原題)』。現地時間10月14日に、ユニバーサル・ピクチャーズとシャマラン監督がツイッターにて発表した。

 シャマラン監督のツイッターではごく短いティーザートレーラーが公開され、ドアをノックする音声とともに、2023年2月3日と全米公開日がアナウンスされた。

 Deadlineによると、シャマラン監督は今年8月に、「次回作。第3稿。超タイトで100ページ以下」とツイートし、脚本がファイルされていると思しきバインダーを公開してファンを騒然とさせていたという。

 ストーリーなどは明らかになっていないものの、映像を見る限り、スリラーであることが予想される。

 シャラマン監督は、コロナ禍に『オールド』を公開し、世界で約9010万ドル(約100億円)の興行収入を記録している。

関連リンク

  • 10/15 16:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます