ベティス加入から3年…B・イグレシアスが胸中を明かす「一歩上のレベルに引き上げてくれた」

拡大画像を見る

 ベティスのスペイン人FWボルハ・イグレシアスが、同クラブへの思いを明かした。14日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在28歳のB・イグレシアは2019年夏にエスパニョールからベティスへ加入した。昨シーズンの“パンダ(同選手の愛称)”はラ・リーガ28試合に出場し11ゴールを記録。3年ぶりとなるヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に大きく貢献した。

 今夏にレアル・ソシエダから期限付き移籍で加入したブラジル人FWウィリアン・ジョゼについて、B・イグレシアスは「僕たちは長い間、お互いに対戦してきた。彼からは多くのことを学ぶことができるんだ。サッカーを非常によく理解しているし、技術的にも優れている。一緒にプレーできるかどうかはわからないけど、僕たちは補完関係にあると思う」と称賛。また「自分のポジションを争っているストライカーがゴールを決めているのを見ると、自分も“もっと頑張ろう”、“もっと集中しよう”とモチベーションが向上する。ライバルが加入すると“残念だな”と思うかもしれないけど、最終的にはそれが自分を良くしてくれるんだ」と心境を明かした。

 また、キャリア21年目を迎えた元スペイン代表MFホアキン・サンチェスについて、B・イグレシアスは「彼の持つ社交的な性格は、快適な状況を作り出して楽しませてくれる。彼は僕たちに友達のグループ、家族のように接するんだ」と告白。続けて「ホアキンをサッカー選手として評価した場合、彼には僕が欲しいと思うような能力がいくつもある。彼は素晴らしい選手で、情熱的で、プレーするたびに彼だけが持っているものをチームにもたらしてくれるんだ」とピッチ内外で影響を受けていることを明かした。

 最後に、B・イグレシアスは在籍3シーズン目を迎えたベティスについて「僕が最も成長した時期であり、成長し続けるために最も努力した時間。プロとして、一人の人間として成長した。日々の生活の中で、以前にはしなかったことを体験し、今は間違いなくキャリアの中で最高の瞬間を迎えている」とコメント。さらに「ここに来る前の数字には到達していないけど、きっと安定して結果を残せる時が来る。ベティスは、僕を一歩上のレベルに引き上げてくれた」とクラブへの思いを明かした。
 

関連リンク

  • 10/15 18:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます