安めぐみが吐露!夫・東貴博は「本当にお金持ちなのかわからない」

拡大画像を見る

 タレントの安めぐみが10月12日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演し、夫でお笑いタレント・東貴博の収入や貯金額などは「全く謎」だと語った。

 2011年12月に東との結婚を発表した安は、“夫婦生活で我慢していること”に関するトークテーマで、「東さんがお金をいくら稼いでいるかとか、貯金をいくら持っているかとかを結婚してから全く教えてくれなくて。全く謎すぎて」と告白した。

 安によると、夫婦の財布の管理は別々で、東側は安の収入事情を把握していると説明。しかし、「後輩に奢ったり、急にシャンデリアとか、王様イスみたいなのが届いたりとか。ムリしてないかなぁとか心配になって。もうちょっと(東の収入事情を)知りたいなっていうのがあって」と複雑な心境のようだ。

 MCの明石家さんまから、昭和を代表するコメディアンである実父・東八郎さん(享年52)の影響で、豪快な金遣いを継承している可能性を指摘されると、安は「そうですね」と同調しつつ、「でも、たまに支払いでちょっと手が震えている時とかがある」とも暴露。裕福な家庭に育った“ボンボンキャラ”ではあるが、「本当にお金持ちなのかわからなくて」と不安を漏らし、東がどんな買い物であっても「一括で買う」とも打ち明けた。

 ある日、安が「何でそんなに一括で買うの?」と質問したところ、東は「俺は“一括屋芸人”なんだ」と答えてごまかすことから、安は「たまに心配になる」という。

「東は公式ツイッターアカウントのプロフィールにも『趣味は支払い。嫌いな言葉は“激安”。座右の銘は“つりはいらねェ!”です』と綴っていますが、今年1月26日に出演したラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)では、社会人特別入試での大学受験に合格したことを報告。その際、『これから学生になりますんで、金持ちだけど学割は使います』と宣言し、金持ちキャラとは思えぬドケチ発言でスタジオを盛り上げました。

 今回、そんな東の経済事情を全く知らされておらず、本当にお金持ちかどうか不安を覚えるという安ですが、ネットからは『一括で買うとかそれだけお金を大事にしてるのかも』『リボ払い芸人だって言われるよりは遥かにマシですね』『妻として心配なのはわかるが、俺はむしろ一括で買う人のほうが安心感あるわ。分割って結局借金だからな』『一括購入なら利子がつかない』『一括で買うほうが賢いと思いますよ』とする声が多く寄せられています」(テレビ誌ライター)

“お金持ちキャラ”の東だが、誰よりもお金の支払いに敏感で、無駄な利息は払わず、学割までも活用する堅実なスタイルだったようだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 10/15 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます