広瀬アリス“にわかオタク疑惑”で本田翼がほくそ笑んだ?瞬間シーン

拡大画像を見る

 女優・広瀬アリスの“アニメ知識”を巡り、ネットがザワついている。

 10月4日放送のフジテレビ系「ネプリーグSP」に「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」チームの一員として出演した広瀬。

 問題のシーンが発生したのは、序盤の「顔と作品名を見て映画監督を答えろ!」コーナーでの広瀬の回答だ。窪田正孝や本田翼ら自チームのメンバーが順調に正解を続けた後、広瀬に出された問題は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で、回答は庵野秀明監督だったのだが、アニメ通で知られている広瀬は「どなた?」とまったく知らない様子。「いやちょっと自分、エヴァ見てないんですよ」と語ったのだ。

 そんな広瀬につて視聴者からはシビアな反応が。

「以前から度々オタクアピールをしていただけに『エヴァすら知らないのか』『実はアニメに興味がないのでは?』と、ネット上では“にわか疑惑”まで噴出する事態となったんです」(テレビウオッチャー)

 たまたま一作品の監督を知らなかっただけでにわか扱いされるのも酷な話だが、こんな見方もある。

「結局、この問題では本田が代わりに『庵野秀明さん』と回答していたのですが、『本田が心のなかでガッツポーズをしているに違いない』との指摘も相次いでいます。広瀬と同様、本田もアニメや漫画好きアピールに余念がなく、両者は“オタク女優”の枠でライバル関係にあるんです。実はこうしたちょっとした出来事が、イベントやCMなどの“オタク案件”に影響する場合がけっこうある。広瀬は内心、頭を抱えたのではないでしょうか」(イベント関係者)

 広瀬の巻き返しに期待したい。

 (山倉卓)

関連リンク

  • 10/15 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます