9割が旅行を「我慢」、落ち着いたら行きたい都道府県2位は「北海道」、1位は?

拡大画像を見る

 エアトリは10月12日に、20代以上の男女1607名を対象に実施した、新型コロナ禍が落ち着いたら絶対に行きたい「国内の旅行先」に関する調査結果を発表した。同調査は、9月28日~10月3日の期間に行われている。

 調査対象者に、新型コロナ禍で旅行に行くことを我慢しているかを尋ねたところ、「すごく我慢している」という回答が45.1%に達し、「我慢している」(41.4%)と合わせて86.5%が、旅行に行くことを我慢していることがわかった。
 新型コロナ禍が落ち着いたら、絶対に行きたい国内の旅行先を尋ねた質問(複数回答)では、「沖縄」(45.8%)がもっとも多く、以下「北海道」(43.5%)、「京都」(17.8%)、「福岡」(14.7%)、「鹿児島」(12.7%)が続いている。
 1位の「沖縄」に行きたい理由としては、「友だちと沖縄旅行を計画していたけど何度も中止になってしまったから、絶対に!『リベンジ旅行』をしたい」「キレイな海でダイビング・シュノーケルがしたい」「沖縄の南国の風景に癒されたい」といった回答が寄せられた。
 2位の「北海道」に行きたい理由としては、「北海道でグルメ旅行(美味しい海鮮・ジンギスカンが食べたい)食い倒れしたい」「北海道でスキーがしたい」「北海道の雄大な大自然をとことん満喫したい!」といった回答が寄せられている。
 3位の「京都」に行きたい理由としては、「京都の雰囲気を味わい浸りたい」「世界遺産&美食巡り」「非日常を体感したい!」といった回答が寄せられた。
 旅行を我慢していない人に、その他の娯楽は何かを尋ねたところ(複数回答)、「映画鑑賞」「読書」「ゴルフ」が上位を占めている。

関連リンク

  • 10/15 17:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます