アートネイチャーの部分ウィッグ「レフィア カレン」 自然な生え際、分け目も自在に変化

拡大画像を見る

毛髪に関する総合サービスを提供するアートネイチャー(東京都渋谷区)は、同社のレディースウィッグブランド「ジュリア・オージェ」から、部分ウィッグ「レフィア カレン」を2021年10月8日に発売した。

「もうひとつの自分の髪」をコンセプトに、新毛髪「エアファイバー」やアレンジ自在のネットなど4つの新機能を備えている。

ヘアアイロンを使用してもスタイルキープ

「レフィア カレン」は、美しさとつけ心地にこだわった「レフィア」シリーズの新商品で、より自然でスタイリッシュなヘアスタイルを楽しめる部分ウィッグだ。業界初の「クロス植毛」により、生え際のエッジラインをぼかしてこれまでにない自然な生え際を実現した。

ウィッグには、手触りや耐熱力にこだわった新毛髪「エアファイバー」を採用しており、ヘアアイロンを使用した際、ヘアスタイルのキープ力がアップした。分け目を自在に変えられる「幅広スキン」で、スタイリングの選択肢も広がった。さらに、アートネイチャーが開発した「V字ピコフロント」を備え、前髪が自然に立ち上がりやすくなっている。

ウィッグ初心者でも簡単に装着できるよう、ピンの数を減らし、自毛をしっかり安定させる「サポートタッチ」を採用した。

「レフィア カレンLL(ロングレイヤー)」「レフィア カレンFP(フリーパート)」「レフィア カレンFU(フロントアップ)」の3種あり、カラーは各3色展開。価格は、それぞれ27万5000円(税込、以下同)、25万3000円、23万1000円。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/15 16:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます