映画「CUBE 一度入ったら、最後」公開 なんばパークスに〝CUBEエレベーター〟も登場

拡大画像を見る

菅田将暉主演 映画「CUBE 一度入ったら、最後」公開
〝CUBEエレベーター〟も登場!


密室スリラーの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇る、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の「CUBE」(1997年公開)。日本でも単館上映ながら、話題になったこの作品。菅田将暉主演で日本版リメイク「CUBE 一度入ったら、最後」として、10/22(金)から公開されます。オリジナル版で監督を務めたナタリ氏が、リメイク版にクリエイティブアドバイザーとして参加しているところにも、期待が高まりますね。
登場人物たちは無事に脱出することができるのか…。〝劇薬系密室エンタテインメント〟で、刺激あふれる世界観に没入しませんか?

【ストーリー】
突然、謎の立方体=CUBEに閉じ込められた男女。年齢も性別も職業も、何の接点もつながりもない6人。ここがどこなのかも、閉じ込められた理由も、出口があるのかも、生き残れるのかも、部屋の正体も、全てがわからない。
理由もわからぬまま脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。そこから抜け出すには、仕掛けられた暗号を解明しなくてはならない。
体力と精神力の限界とともに、次第に現れてくるのは、人間の本性…。終わりが見えない道のりを、生きるため、ただひたすらに進んでいく。

〝CUBEエレベーター〟で登場人物の気分に


映画公開に合わせて、なんばパークスには、登場人物たちが閉じ込められる謎の立方体「CUBE」を模した〝CUBEエレベーター〟が出現しています。 扉には「この部屋に一度入ったら、最後。」の文字があり、中に入ると、360°前後左右全てに、大小さまざまな正方形が。まさに閉じ込められたような体験ができる内装になっています。映画の世界観を体験しながら、劇場に向かうのも楽しそう!



映画「CUBE 一度入ったら、最後」
公開日 10/22(金)なんばパークスシネマほか、全国で公開
出演 菅田将暉 杏 岡田将生 斎藤工 吉田鋼太郎 ほか
オフィシャルサイト
https://movies.shochiku.co.jp/cube/

©2021「CUBE」製作委員会

関連リンク

  • 10/15 12:00
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます