『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』ほかヴィム・ヴェンダース作品を国内初特集

拡大画像を見る

現代ドイツを代表する映画監督、ヴィム・ヴェンダースの名作10作品が最新リマスター版で劇場に舞い降りる国内初の大規模特集上映「ヴィム・ヴェンダース レトロスペクティブ ROAD MOVIES/夢の涯てまでも」が開催、その予告編が解禁となった。

ヴィム・ヴェンダースは、1945年8月14日、デュッセルドルフ生まれ。ニュー・ジャーマン・シネマの先駆者のひとりであり、現代ドイツを代表する映画監督であるほか、写真家としても活動している。

ヴィム・ヴェンダース監督

『ゴールキーパーの不安』(71)で長編映画デビュー。ロードムービー三部作となる『都会のアリス』(74)、『まわり道』(75)、『さすらい』(76)を発表し国際的な注目を浴びると、『パリ、テキサス』(84)でカンヌ国際映画祭パルム・ドール、『ベルリン・天使の詩』(87)で同監督賞、『ことの次第』(82)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞、『ミリオンダラー・ホテル』(2000)ではベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞。近作に『世界の涯ての鼓動』『ローマ法王フランシスコ』(ともに18)などがある。

彼の代名詞ともいえるのがロードムービー。かりそめの出会いと別れを繰り返す彼らの旅は、迂回し、迷い、目的を失い、ときに引き返す。移動のなかから物語は紡がれ、それが“映画”となっていく。初期ロードムービー三部作をはじめ、代表作の『パリ、テキサス』2Kレストア版、『ベルリン・天使の詩』4Kレストア版。

さらに日本を題材にしたドキュメンタリー『東京画』2Kレストア版、キューバ音楽の巨人たちを追った『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』、さらに本邦初の劇場公開となる『夢の涯てまでも』のディレクターズカット4Kレストア版と、ヴェンダースの魅力が詰まった珠玉の10作品が監督自らの監修による最新マスターで一挙公開される。

「ヴィム・ヴェンダース レトロスペクティブ ROAD MOVIES/夢の涯てまでも」は11月5日(金)~12月16日(木)、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次開催。




(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/15 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます