倉科カナ「衝撃手ブラ」『anan』からの大逆襲!10月クール「科捜研」「兄嫁」ドラマ2本の重要役と12月「大舞台」の女優道

拡大画像を見る

 9月22日発売の『anan』(マガジンハウス)で大胆過ぎる“腕ブラ”を披露した、女優の倉科カナ(33)。10月に入ってからもその勢いはとどまることを知らない。

「10月15日にはテレビ東京金曜20時枠で、田中圭(37)主演『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』、19日にはTBS火曜ドラマ枠で清野菜名(26)主演『婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)』(TBS系)がスタート。このどちらにも、倉科がレギュラーで出演しているんです。いずれも、なかなか重要なポジションだと聞いています」(芸能プロ関係者)

『らせんの迷宮』は、「天才科学者と云われる神保仁(田中圭)と刑事・安堂源次(安田顕)の2人がDNA捜査をして事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るドラマ。倉科が演じるのは、警視庁科学捜査研究所、つまり“科捜研の女”である乱原流奈(らんばら・るな)。優秀で明るく、研究所にいるだけでなく、源次たち刑事と共に現場にも臨場する行動派だ。

『らせんの迷宮』はコロナウイルスの影響で放送が1年半も延期されていたが、

「クランクインの時は緊張感があったんですけど、1年半ぶりに(撮影と)なって、『また、会えたね』って空気感になっていた」

 と、倉科はオンライン記者会見にて語っている。

「注目度で言えば、『ハンオシ』の方が上かもしれません。同枠は『逃げるは恥だが役に立つ』や『恋はつづくよどこまでも』などなど、恋愛ドラマにめっぽう強い枠で知られているし、設定が原作漫画のままなら、倉科が演じる役とその相手役の俳優がまた絶妙なんです」(前同)

■《#俺たちの菅波》で社会現象を起こした坂口との絡みに期待

 倉科が演じるのは、「ナチュラル美人で天然な一面もあるが、本人はそのことに気が付いていない。何事も器用にこなせる料理上手」な百瀬美晴(ももせ・みはる)。夫(前野朋哉)と一緒に弁当屋を切り盛りしている、という設定だ。

「そんな美晴に学生時代から片思いし続けていて、兄嫁となってしまった美晴への恋をカモフラージュするため、”既婚者”の肩書きを欲して主人公(清野)に偽装結婚を打診するのが、坂口健太郎(30)なんです。

 坂口といえば、今年10月末に最終回を迎える予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』 で“俺たちの菅波”現象を引き起こしていて、ラブコメ関しては最も話題になっている俳優ですからね」(専門誌記者)

 坂口は『おかえりモネ』で菅波光太朗という若い医者を演じていた。開始当初こそ、朝ドラあるあるの「主人公の周囲の人々」という感じだったが、中盤から主人公(清原果耶)と恋愛に発展。King&Princeの永瀬廉(22)が「幼馴染のりょーちん」といういかにも“相手役”らしいキャラを演じていたこともあり、予想外の流れに視聴者を驚かせたのは記憶に新しい。

 そして、菅波の恋愛やいい男ぶりが本格的に描かれ始めてから人気がうなぎ登りとなり、ツイッターで毎週のように《#俺たちの菅波》がトレンド入りする事態となったのだ。

「『ハンオシ』では、坂口の相手役は清野ですが、設定的に倉科への片思いの描写はあるはず。それに関連して、倉科にも見せ場がある可能性が高いですよね。

“偶然にも原作を読んでいた最中に、こちらのドラマのオファーをいただいてなんだか勝手に運命的なものを感じています!”とコメントしているだけに、倉科には期待したいところです。私生活では、ちょっと悲しい出来事もありましたからね……」(前同)

■破局したことで仕事に吹っ切れたか

 倉科といえば、俳優の竹野内豊(50)と2014年と交際が報じられ、事務所も交際を認めていたが、2018年に破局。同年11月『女性自身』(光文社)によると、30歳までに結婚したかった倉科と折り合いがつかず、倉科から別れを切り出したという。

「同年9月の『SUQQU 15th ANNIVERSARY POP UP EVENT“美の衝撃”』のイベントで、倉科は15歳の頃は30歳になったら家庭を持っていると思っていたとしつつも、“日々楽しいです。今の自分は想像以上に好きです”としていました。

 ドラマや『anan』の表紙、さらに10月8日にはインスタグラムで、上下黒で統一され、大胆にも胸元が全開のセクシーな衣装を披露と、これまで以上に仕事に全力で取り組むつもりなのでしょう」(前出の専門誌記者)

 12月には1944年にシカゴで初演され、その後ブロードウェイで561回公演された不朽の名作『ガラスの動物園』の日本版舞台にも出演が決まっている倉科。これからも、女優街道を突き進んでほしい!

関連リンク

  • 10/15 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます