彼の言葉を鵜呑みにしちゃダメ!その言葉照れ隠しなんです。

拡大画像を見る


なんだか彼が冷たいと感じたり、言葉がキツく感じたりと愛されていないのではないか?と不安になる事がありませんか?
しかしそれは、彼からすると愛情表現のひとつかもしれません。
今回はどんな言葉が愛情表現なのかお伝えします。


知らない

会話をしていて、知らないとばっさり切られてしまったら冷たく感じ、会話が楽しくないと思いがちです。
しかし、大事なのは受け答えではなくどんな話題だったかです。
「〇〇さんが素敵っていってたよ」「誰かわかる?」などの全般に褒め言葉がある場合、本来その人物が誰かわかっていても知らないの一言で片付けるパターンもあるのです。


そうなんだ

そうなんだの一言で終わらせられてしまうと、上手くいく事ができません。会話を楽しみたいのに、そうなんだと簡潔に終わらせてしまうと楽しむ事ができないのです。
そうなんだの一言で会話が終わってしまうものなのです。
しかし、これも返す言葉がないからこその照れ隠しなのです。うまくいかないと一言で終わらせたからといって、心は照れ隠しなのです。


ふーん

ふーんって解決するのは、なかなか辛いものです。流しているわけではなく、これも照れ隠しです。
会話によって様々な理由がありますが、楽しいと感じる会話だったり、あるいはつまらないと感じたりとするものもあります。
ふーんで答えを出すのは、流す事が良いと感じた答えなのです。楽しめる会話を意識してみてください。


軽く流される時は照れ隠し

軽く流されることによって、冷たいと思いますが本来は流すことによって照れを隠している事が多いのです。彼が冷たいと感じているのであれば、もしかしたらこれは誤解かもしれません。
会話の流れを意識すると彼が照れ隠しをしていることがよくわかるはずです。


まとめ

彼に対して話をしてもうまくいかないと悩んでいる方、話題提供に迷う方は無理に会話をする必要はありません。しかし、会話を楽しんでいるのであれば仮に軽く流されたとしても楽しいと感じている証拠なのです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/15 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます