カシオ「EDIFICE」から「Honda Racing」とのコラボモデル 「RA271」モチーフ

拡大画像を見る

カシオ計算機(東京都渋谷区)は、高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」から、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」とのコラボレーションモデル「Honda Racing Championship White Edition『ECB-S100HR-1AJR』」を2021年10月15日に発売する。

本物の「チャンピオンシップホワイト」の塗料を使用

「Honda Racing」は、ホンダ (Honda)が世界で展開するモータースポーツ活動の総称だ。「Honda Racing」と「EDIFICE」は、2018年よりコラボレーションを実施している。

「ECB-S100HR-1AJR」は、白い車体と赤い日の丸が特徴のマシン「RA271」をモチーフにデザインした。Hondaのレーシングスピリットを表す「チャンピオンシップホワイト」の塗料を文字板の外周リングに使用、インダイアルやボタンには赤の差し色をあしらった。ガラス外周部には、チェッカーフラッグをイメージした白黒のパターン印刷がされている。本革バンドは表面をホワイト、裏面をレッドで彩った。

薄型・ミッドサイズで、わずかな光でも駆動するタフソーラーやBluetooth、高輝度なダブルLEDなど、機能面も充実している。専用アプリと連携し、自動で時刻の修正やワールドタイムの設定が行える。また、「EDIFICE」では初めて、時計のボタン操作で現在の時刻と位置をアプリの地図上に記録、 行動ログとして管理できるタイム&プレイス機能を搭載。9時側のインダイアルには、アラーム時刻やタイマーのタイムアップ30分前から残り時間を確認できるカウントダウンインジケーターを採用している。

価格は、4万6200円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/15 11:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます