OMI(登坂広臣)、BTS・SUGAとのコラボ語る「世界No.1アーティストでありながら…たくさん刺激を受けた」

【モデルプレス=2021/10/15】三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのヴォーカリスト・登坂広臣ことOMI(※「O」はストローク付き)が、10月15日にデジタルシングル『ANSWER... SHINE』をリリース。登坂は14日、リード曲「You(Prod. SUGA of BTS)」をプロデュースしたBTSのSUGAとの協業についてライブ配信で語った。

◆登坂広臣新曲、BTS・SUGAがプロデュース

『ANSWER... SHINE』は、前作『ANSWER... SHADOW』のコンセプト“影”とは逆の“光”の世界観にフォーカスを当てた序章的立ち位置となる作品。

「You(Prod. SUGA of BTS)」は制作開始時から登坂、SUGAのお互いが直接意見を交換しながら制作を重ね、エッジの効いたビートにギターサウンドを織り交ぜたSUGA特有のトラックと、You=ファンの方々へ日頃の感謝の気持ちを込めたリリックが合わさった爽やかなPOPソングになっている。

◆登坂広臣、SUGAとのコラボ経緯明かす

登坂はInstagramライブにて、SUGAが同曲のプロデュースを手掛けることになった経緯について「僕が『iCON Z』というオーディションを開催するのですが、それも(SUGAが所属する)HYBE LABELS JAPANさんとの共同のプロジェクト。そのオーディションより前にこのプロジェクトの話がありました。HYBEさんとも以前からお付き合いさせていただいている中で、アーティスト同士で面白いことをやれないでしょうかという話をしていて」とHYBEとのコラボ案が持ち上がったことを説明。

「僕が『ANSWER... SHINE』の制作に入る前だったので、もちろんBTSの曲も聴いていましたし、SUGAさんのソロの楽曲も聴いていましたし、彼がプロデューサーという形でいろいろな曲をプロデュースしていることも知っていたので、なにかおもしろいことができないでしょうかとオファーを僕から出させていただいて、彼も快く引き受けてくれました」と明かした。

また「本来であれば一緒にスタジオに入って作業したかったのですが、コロナ禍の状況だったので、それからは連絡をずっと取り合って。『ANSWER... SHADOW』の世界観も見ていただき、『ANSWER... SHINE』はこういう世界観でこういうことを表現したいということを、彼と直接話して制作をしていきました」と振り返った登坂。

「彼もすぐ僕の作りたいこと、やりたいことのキャッチが早くて、すぐデモ曲を2つくらい送ってきてくれた。そこから密にやりとりをして楽曲が出来上がりました」と充実したコラボだったことを語った。

◆登坂広臣「SUGAさんはすごい才能」リスペクト語る

「ソロ活動でアーティストに楽曲をプロデュースしてもらうのが初めて」という登坂は、「自分が制作して今まで通りのプロデュースでやってきたら、こういう楽曲はできなかったんじゃないかとすごく思う」と想像。「自分が今までやってこなかったテイストの楽曲に仕上がったのですごく感謝しています」と思いを言葉に。

さらに「SUGAさんはすごい才能でした。世界No.1アーティストであり、大スターですが、一緒に音楽の話をしたり音楽を制作していく過程で、純粋に音楽が大好きで、音楽を愛する1人の青年の姿も垣間見ることができ、本当にたくさん刺激を受けました。素晴らしかったです」とSUGAへのリスペクトも語った登坂。また「SUGAさんも僕や僕らの存在も知ってくれていた」と明かす場面もあった。

その後のYouTubeライブでは「一緒にやらせてもらえたことによって、(SUGAが)世界中の多くのファンの方に愛されているアーティストであり、プロデューサーとしての面も持っているのだなと感じた。僕も彼と彼を応援する世界中のファンのみなさんに最高のリスペクトを持ってこの作品を作らせていただいた」と様々な思いを感じた様子で言葉にしていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/15 11:27
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます