レノボの5G対応Androidタブレット「Lenovo TAB6」、ソフトバンクから発売

拡大画像を見る

 ソフトバンクは10月22日に、「ソフトバンク」から、5Gに対応したレノボ製のAndroid搭載タブレット端末「Lenovo TAB6(レノボ タブシックス)」を発売する。カラーは、アビスブルー、ムーンホワイトの2色。なお、5G対応のAndroidタブレット端末を取り扱うのは、国内の通信事業者としてはソフトバンクが初となる。
 

 Lenovo TAB6は、チップセットにSnapdragon 690 5Gを採用し、大容量のメモリとストレージを搭載することで、大容量コンテンツなどをストレスなく楽しめる5G対応タブレット端末。大容量バッテリによる、長時間使用にも対応している。
 本体は、IPX3準拠の生活防水、IP5X準拠の防じんに対応しているので、水回りや屋外など場所を選ばず安心して使用できる。また、スマートフォンとタブレット端末を連携可能なアプリ「連携しよう」を搭載しており、スマートフォンへの着信やメールの着信通知をタブレット端末側で受け取ったり、スマートフォンから写真を転送したりといった使い方ができる。
 ほかにも、子どもの発見・想像・成長をサポートする子ども専用モードとして、未就学児向けの「キッズスペース」を備えるとともに、Googleが提供している「ファミリー リンク」では、コンテンツの管理や使用時間の制限などが可能になっている。さらに、小学生以上を対象とした「学習モード」では、学習に最適なアプリや機能があらかじめ設定されており、効率的な学習をサポートする。また、簡単なアプリの切り替えや画面の分割表示に対応した「PCモード」も備えている。
 CPUにオクタコアのSnapdragon 690 5G、10.3インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1200)、メモリ4GB、64GBのストレージ、メイン有効画素数約800万画素/サブ約800万画素のカメラ、最大2TBのメディアに対応するmicroSDXCカードスロットなどを搭載する。
 対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANと、Bluetooth5.1。OSはAndroid11。
 FDD-LTE網での連続待受時間は約737時間。サイズは幅158.0×高さ244.0×奥行き8.3mmで、重さは約498g。

関連リンク

  • 10/15 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます