「そりゃないぜ...」スキンシップ中にされたら冷めるNG行動

拡大画像を見る

 恋人同士の大切なコミュニケーションといえば、スキンシップを思い浮かべる人が多いでしょう。仲良く付き合っていけるかどうかは、うまくスキンシップをとれるかにかかっていると言っても過言ではないかも!今回は男性が「スキンシップ中にされたら冷めるNG行動」を4つご紹介します! 


気分によってノリが違う

 この前も同じように触れたのに、今日はなぜか嫌がられた...。彼女の気分によってスキンシップの許容度が違うと、男性は混乱してしまうかもしれません。すれ違いに発展することのないよう、行動が気分に影響されないよう日ごろから意識しましょう。ホルモンの影響を受けやすく日によって過敏になってしまうという人は、事前に彼に話しておくのが賢明です。お互いが気持ちよく過ごせるように工夫してみてくださいね。 


強くたたく

 スキンシップのときに子犬のようにじゃれ合う時間は幸せそのもの。優しく甘噛みしたり、くすぐり合ったりするカップルは多いですよね♡でも度を越すと彼の気持ちが冷めてしまうので注意が必要です。とくに強くたたくなど、痛みを感じる行為は避けるようにしましょう。楽しい気持ちが台無しになってしまいます。 


耳や髪に触れる

 男性が心を開いた相手にしか触れさせないパーツとして、耳や髪があります。ただ「彼女であっても触れられたくない」という男性も一定数いることを覚えておきましょう。彼の反応をよく観察して、触ると嫌がる様子のある箇所は避けてスキンシップをしましょう。「ここ嫌?」とダイレクトに聞いてみるのも一つの方法ですね。 


要望が多い

 彼女にスキンシップのルールを決められるのも、気持ちが冷めてしまう原因に。「寝る前はキスしようね」「出かけるときは手をつないで」など、要望が多いのはNG行動です!彼がしてくれることをそのまま受け取ってくださいね。

男性が「スキンシップ中にされたら冷めるNG行動」をご紹介しました!女性がやってしまいがちなNG行動、今日から気をつけていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/15 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます