八女の魅力をビールで発信!地元の特産品を使った「フルーツビール」を季節限定で販売


福岡県八女市「べんがら村」レストランに併設されたクラフトビール醸造所八女ブルワリーは、地元八女の特産品である果物、野菜などを活用し、季節ごとに異なるフルーツビールを製造販売している。

現在、季節限定で「レモンセゾン」「ピーチホワイト」を販売中だ。

クラフトビールが苦手な人にも好評



レモンの爽やかな香りと酸味が特徴の「レモンセゾン」、ピーチの瑞々しさがたっぷり味わえる「ピーチホワイト」は、クラフトビールが苦手な人にも好評だ。

11月からは新たなフルーツビールも

11月からは「ブルーベリーエール」と「トマトエール」を販売開始。


「ブルーベリーエール」には、八女市星野村で採れたブルーベリーをたっぷりと使用して爽やかな味わいに仕上げている。


「トマトエール」は、トマトのフルーティーさを最大限に引き出した味わいとなっている。

「レモンセゾン」、「ピーチホワイト」の醸造の様子や商品の取扱店は、八女ブルワリー公式SNSやホームページで確認を。

地元八女の素材を活かしたフルーツビールをためしてみては。

画像をもっと見る

  • 10/15 9:09
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます