コロナ禍で退職、フリーになって後悔「会社員が恵まれていることに気づいた」

拡大画像を見る

 緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が解除された。とはいえ、長引くコロナ不況のなかで「転職」に踏み切る人も少なくないが、その後どんな日々を過ごしているのか。今回は、転職後の生活について、2人のエピソードを紹介する。

◆飲食業界歴約30年の料理人、フードデリバリー業界に

 飲食業界に約30年間携わっている堀内瑞穂さん(仮名・50代)。“手に職がある”仕事柄、勤める職場を変えることも多いというが、コロナ禍においてはいつもと様子が異なっていたと話す。

「私が料理人を目指したのは1990年代の初めで、テレビでは料理番組が多数放送されており、外食産業は盛り上がりを見せていました。実際に、私の師匠はかなりの給料をもらっていたので、休みが少なかろうと明確な目標があって、モチベーションが下がることはありませんでした」

 当時は、「何処の店で」「どのポジションで」働いていたというだけで転職が可能、引き抜きなどのオファーをもらうこともあったという。

「その後、私は新たな目標として『自分の店をもちたい』との結論に至り、その目標は2012年に実現することになったんです」

◆もはや焼け石に水だった

 3年間でお店の基盤を作り上げた。そして従業員に経営を任せながら、自身はウェディングレストランや大手居酒屋チェーンなどに勤めることで知見を積み上げていった。だが、新型コロナウイルス感染症の流行が始まると、暗雲が立ち込める。

「最初は新種の風邪程度に捉えていたのですが、時が経つにつれて報道は激化。勤めていたお店の売上は例年の10分の1にまで落ち込みました」

 会社からはアルコール消毒の徹底、営業時間の変更などの指示が連日届くように。現場は、人員調整や対策に追われる。一方、堀内さん自身のお店はというと……。

「常連客が数人来店する程度です。すぐにテイクアウトを始めて対応するも焼け石に水の状態でした」

 コロナ禍が続くなか、飲食業界を去り、他業種に移る人が増えていた。当初は堀内さんも悩んでいたが、身近で歯を食いしばりながら頑張る同僚たちの姿を見て、その考えは捨てたという。

◆先行きが不透明な状況から「方向性が見えてきた」

「『お客様が来ないのなら、こちらから行けばいい』という考えに至ったとき、フードデリバリー業界という選択肢に辿り着くことができました」

 カテゴリーは同業種だが、デリバリーのノウハウはなかった堀内さん。デリバリーを行っている会社を探し、昨年の12月に再就職することができた。そして、現在は1店舗を任され、責任者として業務に追われる日々だ。

「目標が決まれば行動は早いので、『後悔は?』と聞かれたら一切ありません。大手をはじめ、淘汰されていくことは予想の範囲でした。コロナ禍で先行きが見えない状況でしたが、ようやく方向性が見えてきたと思います」

 フードデリバリーとはいえ、30年間磨き続けた料理の腕で、クオリティの高い逸品を目指す。また、そこで学んだフードデリバリーのノウハウを堀内さん自身のお店にも活かせるように奮闘中だという。

◆コロナ禍でフリーになって「後悔している」

 吉田謙三さん(仮名・30代)は、勤めていたサービス業の会社を退職し、フリーランスとして活動を始めた。だが、吉田さんは独立について「後悔している」と話す。

「もともと在宅で仕事することに憧れを抱いていた私は、在職しながら副業をしていましたので、フリーになることにそこまで抵抗はありませんでした」

 ただし、今回のコロナ禍がなければ、計画していた独立の時期はもっと先だったという。

「退職に踏み切った理由は、コロナによる業績不振で社内でも人員削減の動きが顕著に表れ始めたことと、一族経営の独裁的な営業方針に大きな不満を抱いていたからです」

◆会社員は恵まれていたと気づいた

 以前勤めていた会社とは、全く異なる業種でフリーランスとなった吉田さん。世の中の慌ただしい動きを見て、半ば見切り発車的にフリーになったのだ。そこで直面した困難な状況とは……。

「私は人とお話をすることが好きで、長い間サービス業に従事していたのですが、フリーになってからは物足りなくて。人と話したい、外に出たい。ある程度覚悟はしていましたが、ここまで人と接することがないのがツラいとは思いませんでした。ひとりの時間が好きなこともあったのですが、ここまでダメージがあるとは予想外でした」
 
 コロナ禍で転職先が見つからず、フリーで仕事をしている人もいるはずだ。

「会社に属しているときには気づかなかったのですが、税金や社会保険、事務的なことなど、多くのメリットがあったんだな、会社員は恵まれているな、と。本来、独立するには相当な覚悟が必要なんだと思いますね」

<取材・文/chimi86>

―[「コロナ転職」のその後]―

【chimi86】
ライター歴5年目。趣味は読書、ミュージカル、舞台鑑賞、スポーツ観戦、カフェ。Instagram:@chimi86.insta

関連リンク

  • 10/15 8:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます