菅田将暉、小松菜奈との結婚は再来年までない? 千鳥・大悟も玉砕した“NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』事情”

拡大画像を見る

 10月9日放送の『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系)で、MCを務める千鳥の大悟(41)が、ゲスト出演した俳優で歌手の菅田将暉(28)に、きわどい質問を浴びせようとするも、謎の忖度を見せて共演者からツッコまれていた。

 千鳥とかまいたちがMCを務める同番組は、日曜深夜に『千鳥vsかまいたち』として放送されていたが、今年10月から『有吉反省会』の後番組として、タイトルを『千鳥かまいたちアワー』とあらためてスタート。菅田は初回に続いて2週連続の出演となった。

 今回の放送は「どきどきクエスチョンアワー」と題し、菅田の本音を聞き出すべく、4人がそれぞれの質問センスで“珠玉の1問”を考え、本人にぶつけることに。その前に、まず、“今夜の見どころ”として、収録を終えた4人の反省会の様子が放送された。

 ノブ(41)は「菅田将暉くんにね、聞きたいことを聞かせてもらいまして」と口火を切ると、「あんなキワドイ質問、普通に答えてた」と振り返った。これに大悟が「心配やな」と応じると、ノブは「オンエア、マジでどうなってるかよ。大悟のぶっ込みが」と指摘。

 これを受け、大悟が「ありゃあエエ女じゃろ?」という質問を書いたフリップを持った姿が映し出された。さらに、ノブが「イクねぇ、おまえは」とツッコみ、大悟は「彼女のことやな。ちょっとコレ書いたときに、スタッフが動き出した」と苦笑交じりで明かし、一同の笑いを誘う様子も流れた。

 そして、菅田をスタジオを迎えた本編が始まり、濱家隆一(37)は「キャーキャー言われるの好き?」、山内健司(40)は「ラブシーンの時たちます?」、ノブは「演技が上手な人は誰?」と質問をぶつけ、菅田は過去のエピソードを交えつつ、4人が驚くほど本音をぶっちゃけて語っていた。

■頑ななまでにNGにしている理由とは?

 そして、最後。大悟が「無理だったら無理でいいし。あとあと“オンエアやめてください”やったら、それでもいい。これは大人の判断に任せるわ、ごめんね」と、前置きしたうえで出したフリップには、「好きなすし何?」と書かれた質問が。

 その瞬間、ノブが「変えてる!」とツッコむと、山内が「ダサ!」とダメ出しし、濱家は「なに? あの人」とブーイング。ノブが立ち上がって「引き下がってるやん。言えよ!」と訴えても、大悟は「何が? なんのこと?」とトボケるだけで、菅田が「エンガワです」を答えて番組を終えた。

 菅田は他の攻めた内容の質問にガチ回答していたし、反省会では忖度なしで質問したことを匂わせていたが、残念ながら大悟の質問はNGだったようだ。この、一部報道で同棲していると言われている、モデルで女優の小松菜奈(25)についての言及がNGなのは、菅田の仕事事情があるのかもしれない。

「菅田は10月22日公開の映画『CUBE』や、来年1月放送の月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)など、主演作が目白押しですが、なんといっても大きいのは、来年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、源義経を演じることが決まっていることでしょう。

民放と比べてはるかにスキャンダルに厳しいと言われているNHKだけに、放送前から微妙な報道もNGで、それもあっての今回のガードの固さだったのかもしれません」(芸能関係者)

 このぶんだと、大河の放送が終わるまで、菅田と小松が結婚はおろか、交際を宣言することもなさそうだ。

関連リンク

  • 10/15 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます