水谷豊「テレビ朝日の帝王の座」風前の灯火!?『相棒』視聴率15%超でも若い女性は『鬼滅の刃』の3分の1!「放送枠消滅」沢口靖子『科捜研の女』の二の舞も?

拡大画像を見る

 女優の沢口靖子(56)が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女 Season21』(毎週木曜20時~)が10月14日にスタートした。

 同ドラマは22年にわたって続く、放送中の連続ドラマでは最長寿の人気シリーズで、9月3日にはドラマの枠を超えて『科捜研の女 -劇場版-』として初の映画も公開。興行収入は10億円を突破するヒットを記録している。

 そんな『科捜研の女』が放送されているテレビ朝日の木曜20時「木曜ミステリー」枠が来年7月クールを最後に終了すると、10月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 ドラマ枠終了の最大の理由は、視聴者層の若返りを図るためだという。

 同枠では『科捜研の女』のほか、上川隆也(56)主演の『遺留捜査』、内藤剛志(66)主演の『警視庁・捜査一課長』などの人気シリーズが放送されている。

「『木曜ミステリー』枠の終了で『科捜研の女』シリーズも終了するのではないか、という見方もあります。ただ、来年10月クールからは火曜21時に若者向けの新ドラマ枠が作られるといいます。

 若者向けの枠で『科捜研の女』を放送することにはテレビ朝日サイドも頭を悩ませているとようですが、来年10月クールの一発目のドラマには『ネオ科捜研の女』の放送が予定されているようです。当然、沢口さんも出演するのではないでしょうか」(制作会社関係者)

 テレビ朝日の人気ドラマシリーズといえば、10月13日には水谷豊(69)が主演を務める『相棒 season20』(毎週水曜21時~)もスタートした。

 13日の初回放送の平均世帯視聴率は15.2%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率8.4%と絶好のスタートを切った。

「『科捜研の女』も『相棒』も、安定的に高い視聴率を取るドラマです。ただ、それは世帯視聴率に限った話。テレビ朝日のドラマはどれもが高い水準の世帯視聴率を取ります。ただ、シニア層向けのドラマが多く、それが局としての課題だとも言われています」(前同)

■若い女性に見られていない『相棒』と『科捜研の女』

 テレビ各局は世帯視聴率以上に、広告収入が見込める「コア層」と呼ばれる13~49歳の「コア視聴率」を重視するようになってきている。

「番組の評価基準がコア視聴率に移行したことで、テレビ朝日全体が揺らいでいるんです。世帯視聴率が高い『相棒』や『科捜研の女』に対しても、“このまま続けるのはどうなの?”という声も一部では出ているといいます。

『相棒』の個人視聴率は8.4%と悪くないですが、問題なのはその中身。テレビ各局は若い女性に番組を見てほしいわけですが、『相棒』の20~34歳女性の数字は、2.2%と低い水準にあるんです」(前出の制作会社関係者)

 10月10日にフジテレビ系でスタートしたテレビアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』(毎週日曜23時15分~)の第1話の世帯視聴率は10.0%、個人視聴率は5.7%という、異例とも言える高い数字を記録したことも大きなニュースになった。

「『鬼滅の刃』の20~34歳女性の数字は6.5%ですから、若い女性がこぞって見ているわけです。また、窪田正孝さん(33)主演の月9『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート』(フジテレビ系)は世帯11.3%、個人6.6%でしたが、20~34歳女性は4.5%。

 つまり、『相棒』は世帯視聴率が15%を超えていながら、若い女性の数字は『ラジエーションハウス』の半分、『鬼滅の刃』の3分の1ほどの数字しか取れていないんです。テレビ各局が特に若い女性に見てもらいたいのは、購買意欲が高く、家庭内においても購買決定権を持っているのは女性の場合が多いから。スポンサーとしてはそういった女性に番組、CMを見てもらいたいわけです」(前同)

■テレ朝会長は「80歳まで『相棒』を続けてもらいたい」と言うが……

 水谷は『相棒』の高視聴率があったからこそ“絶対的権力者”としてテレビ朝日内で君臨していた。テレビ朝日の早河洋会長(77)も「水谷さんには80歳まで『相棒』を続けてもらいたい」とコメントしている。

 しかし、明らかになったのは、『科捜研の女』や『相棒』は、基準が変わった現在のテレビ局が見てもらいたい層には刺さっていないという残酷な事実だった。

「世帯視聴率が高いからといって、ドラマが安泰ということは決してないでしょう。むしろ、テレビ朝日自体が、冗談抜きに“5年後、10年後にはどうなっているかわからない”という声もあるほどですからね。

 テレビ朝日は“コア対応”が最も遅れてしまった局です。現在、急速にそちらにシフトしていっていますが、それはドラマ部門も例外ではないでしょうね」(前出の制作会社関係者)

 長年、テレビ朝日を支え、多数のファンを持つ『相棒』と『科捜研の女』は、今後も長く放送されるのだろうか!?

関連リンク

  • 10/15 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 視聴者層の若返りって、その若いのはネット配信ばかり見てるからオンタイムでテレビなんて見ねーしw 今の視聴率を大事にしないと逆に痛い目にあいそうだな。 取りあえず、なんでもかんでもバラエティーかジャニーズでも出しておくか? 旅、グルメ番組を中心にやるんだろ?www

  • グレイス

    10/16 11:22

    なんでもかんでもコアを気にすることないと思うけどね。長いシリーズならなおさらね。わざわざ“ネオ”を付けるからにはキャラクターの交代があるかもね。沢口靖子が演じているキャラクターは上司とかアドバイザー的な立場になるとか。

  • きょー

    10/16 6:13

    若い人は観ないでしょうよ…しかし飽きないのかな

記事の無断転載を禁じます