「Mステ」35周年記念4時間SP、タイムテーブル公開 なにわ男子がデビュー曲テレビ初披露に意気込み

【モデルプレス=2021/10/15】15日よる6時から放送されるテレビ朝日系『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』のタイムテーブルが公開された。

◆出演アーティスト&タイムテーブル

【よる6時ごろ】

ナオト・インティライミ『カーニバる?』
PUFFY『エッサフォッサ』
櫻坂46『流れ弾』
宮本浩次『春なのに』『浮世小路のblues』
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『LIVING IN THE DREAM』
Stray Kids『ソリクン -Japanese ver.-』
Elopers(椎名林檎スペシャルバンド)『群青日和』
King Gnu『BOY』

【よる7時ごろ】

なにわ男子『初心LOVE』
V6『Full Circle』
LiSA『往け』
清水美依紗『Starting Now ~新しい私へ』
Hey! Say! JUMP『Sing-along』

【よる8時ごろ】

郷ひろみ『生投票企画「ひろみ5択」で選ばれた名曲メドレー』
MIKIKO×Rhizomatiks×三浦大知×SP Dancers×ELEVENPLAY×Perfume『一夜限りのスペシャルメドレー』
松田聖子『瞳はダイアモンド~Diamond Eyes~』

【よる9時ごろ】

B.B.クィーンズ『おどるポンポコリン』
米米CLUB『君がいるだけで』
May J.『レット・イット・ゴー~ありのままで~』
PUFFY『アジアの純真』
V6『視聴者投票企画で選ばれた名曲メドレー』

◆なにわ男子、デビュー曲「初心LOVE」テレビ初披露

11月12日に待望のデビューを果たすなにわ男子は、デビュー曲『初心LOVE』をどこよりも早くテレビ初披露。同曲はメンバーの道枝駿佑とSnow Manの目黒蓮がW主演を務めるオシドラサタデー『消えた初恋』(毎週土曜日よる11時30分~)の主題歌としても、早くも大きな話題を呼んでいる。

ドラマに出演する道枝は『初心LOVE』について、「歌詞もドラマ通りなところもあって、ドラマにぴったりで可愛らしいポップな曲です」とアピール。大西流星は「ささやくセリフ調の歌詞やテンポの変化など、聴けば聴くほど好きになる、とても魅力的な楽曲。純粋でまっすぐな恋心が詰まっています」と、長尾謙杜も「歌詞の中で“出会ってしまった 君は太陽”というところが好き。僕たちもファンの皆さんをそう思いますし、なにふぁむ(なにわ男子のファン)の皆さんも思ってくれていると思います」と呼びかけた。

『初心LOVE』は記念すべきデビュー曲ということで、「この曲を歌うたびに“初心”の気持ちに戻れると思うので、大事に大事に歌い続けたいです」と西畑大吾。今日のパフォーマンスでは「日本中の皆さんをキュンキュンの嵐にさせたい」と大橋和也が意気込むと、藤原丈一郎も「初パフォーマンスなので緊張しますが、これから5年、10年経っても映像を見返すであろうと思うので、しっかり決めたいです!」と同じく力強い意気込みを明かした。

「皆さんに僕たちなにわ男子の良さと可愛さと初心さを広められたら…!」と高橋恭平。なにわ男子のデビュー曲披露は、V6の歌唱への曲繋がりメドレーになっており、最後の出演となる大先輩V6の前で、彼らがどんなパフォーマンスをするのか大注目。待ちに待ったなにわ男子のデビュー曲初披露に期待したい。

◆V6「Mステ」ラストパフォーマンス

そして最後の『ミュージックステーション』出演となるV6。「V6とMステの26年間」を、全160回に及ぶこれまでの出演映像とともに振り返るほか、国民投票で選ばれた「V6に最後のMステで歌ってほしい曲」をメドレーで披露。

メドレー披露を前に「視聴者の皆さんに届くように歌いたい」と長野博。坂本昌行は「皆さんの心に響くように頑張ります」、井ノ原快彦も「長く、たくさん歌わせていただけるのはありがたいです。懐かしい曲もあるので、楽しんでください!」と呼びかけた。

最後となるMステ出演にはメンバーもそれぞれ感慨深いよう。「Mステは、ジュニアの頃から、憧れの番組でした。本当にたくさん、100回以上も出演させていただいて、心より感謝しています。生放送なので、いつもファンのみんなと繋がれる場所でした」と三宅健が振り返ると、岡田准一も「ティッシュがいただけなくなるのが悲しいです(笑)」と笑わせつつも、「一瞬一瞬を目に焼き付けながら歌わせていただきます」とラストパフォーマンスへ力を込めた。

Hey! Say! JUMPやデビュー曲を披露するなにわ男子が、ラスト出演となる大先輩・V6の前でどんなパフォーマンスを見せるのか。そして、後輩たちが見守る中での、V6のMステラストパフォーマンスにも注目。Mステならではの、ジャニーズグループ同士の熱い瞬間となるだろう。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/15 6:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます