吉高由里子主演「最愛」、主題歌は宇多田ヒカル「君に夢中」に決定!第1話で初公開

拡大画像を見る

吉高由里子主演、松下洸平、井浦新共演のTBS金曜ドラマ「最愛」が本日10月15日(金)22時からスタート。この度、主題歌を手掛けるシンガーソングライター・宇多田ヒカルの楽曲タイトルが「君に夢中」に決定、第1話の放送内で音源が初公開される。

本作は、殺人事件の重要参考人となった女性実業家と、彼女を追う刑事、彼女を支える弁護士の3人を中心に、15年前のとある失踪事件から現在の連続殺人事件へと繋がる謎に迫る、完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。実業家の主人公・真田梨央役の吉高さん、事件を追う刑事で梨央の最愛の人でもある宮崎大輝役の松下さん、梨央の会社の弁護士・加瀬賢一郎役の井浦さんをはじめ、薬師丸ひろ子、及川光博、光石研、田中みな実ら多彩な俳優陣が出演し、スリリングな人間ドラマを展開していく。

また、これまで音楽を通して様々な世界観を表現してきた宇多田さんだが、「君に夢中」というストレートなタイトル、そして楽曲にはどんな想いが込められ、ドラマの世界をどう彩ってくれるのか。ドラマの中で物語と主題歌「君に夢中」がシンクロする瞬間に注目。

第1話で起こる“事件”は、回を追うごとにその真相が徐々に明らかになっていく。描かれる登場人物の過去や人物像も次第に深まり、恋愛模様も大きく変化していくため、放送回によって主題歌も違う形で心に響くことになりそうだ。

本作は、金曜ドラマ「アンナチュラル」(2018年)や「MIU404」(2020年)などヒット作を次々と生み出してきたプロデューサー・新井順子と演出・塚原あゆ子、そして2人とは金曜ドラマ「リバース」(2017年)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子と清水友佳子が描く完全オリジナル作品。封印したはずの事件が15年の時を経て再び動き出し、かつて心を通わせた梨央と大輝が、連続殺人事件の重要参考人と刑事という立場で再会する。

金曜ドラマ「最愛」は10月15日より毎週金曜22時~TBS系にて放送。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/15 4:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます